インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

『人を操る禁断の文章術(メンタリズム)』を読んで by kitayama

投稿日:2017年2月19日 更新日:

人を操る禁断の文章術

本のタイトルと作者

『人を操る禁断の文章術』 作者 DaiGo(メンタリスト)

何故この本を選んだのか

仕事で広報誌に毎月寄稿しなければならなくて、たくさんの人に読みやすい文章を書きたいと思っていました。
でも、いろいろな文章術の本があるけれど、どれも難しくて・・・
テレビでも活躍しているDaiGoさんの惹きつけられるパフォーマンスを知っているので、DaiGoさんが書く文章術ならもしかしたらスンナリ読めるかも?と思い手に取りました。

読む前の予想と読んだあとの印象

DaiGoさんの本は初めてだったので気軽に読めるかな?と思っていました。
とても読みやすいのですが、意外としっかりとした本質を捉えた本だったので、彼の才能にびっくりしました。

読んでいる最中のエピソード

これまで読んだ文章術とは違うことがいろいろ書いてあるので、これは真剣に読まなければ!とノートと鉛筆を片手にメモをしながら読んでいきました。

読んだ後のエピソード

文章を書くのは天性の才能が必要だと思っていたけれど、コツをマスターすれば私にでも書くことができる!とちょっと勇気が出ました。
もちろん、すぐにスラスラと書くことができるわけではないけれど、練習のやり方は見えた気がしました。

内容の中で自分だったらどうするか

まずは、友達に送るメールにその技を使ってみようかなと思います。
気軽に書けそうだし、友達を喜ばせることができるなら一石二鳥です!

好きな場面・言葉

「何を伝えたいのか?ではなくこの文章を読んだとき、相手にどんな行動をして欲しいか?を考える。」

読み終えて自分にどんな変化があったか

次の広報の原稿を書くのが楽しみになってきました。
自分が書きたいことを書くのではなく、相手の興味を満たす文章を書きたいと思います。
多分、書けると思います!

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東京タラレバ娘 by tera

本のタイトルと作者 東京タラレバ娘 作者:東村アキコ 何故その本を選んだのか ドラマ放送が決定した時に気になり、レンタルして読みました。 読む前の予想と読んだあとの印象 『海月姫』や『主に泣いてます』 …

「一流だけが知っている 自分の限界を超える方法」を読んで by yurari

本のタイトルと作者 「一流だけが知っている 自分の限界を超える方法」 スポーツメンタルトレーナー・高畑好秀 何故その本を選んだのか 白地にバーンと大きい文字で書かれた「自分の限界を超える方法」という文 …

「電撃デイジー」by tera

本のタイトルと作者 電撃デイジー 作者:最富キョウスケ 何故その本を選んだのか 3巻までのお試し読みを2年で5回くらい利用してました。 ネタバレを見ていたので結末は知っていましたが、どうしても見たくな …

「夜のピクニック」の感想 by tata

・本のタイトルと作者・ 夜のピクニック/恩田陸 ・あらすじ・ 北高の伝統的行事、夜を徹して80キロを全校生徒で歩き通す「歩行祭」 甲田貴子はクラスメイトの西脇融に声をかけるという、自分だけの密かな賭け …

『ハイデガー・存在の謎について考える』 by remonn

タイトルと作者 『ハイデガー・存在の謎について考える』 作者 北川東子 なぜこの本を選んだか 哲学書の解説にしては分かりやすい。人生論と結びついた存在論である。言葉をこねくるのではなく実感を伴って思考 …