インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

『亡国のイージス』を読んで 作者 福井晴敏  by remonn

投稿日:2017年2月21日 更新日:

亡国のイージス 上 (講談社文庫)

(なぜこの本を選んだのか)
タイトルを見た時、品格のある壮大な男のロマンの香りが漂う感じが魅力的だったが、かなり長編なので躊躇…でも、でもやはり捨てきれずに読むことにした。

(読み終わった後の感想)
あっという間に読み切った。あゝ勿体ない‥もっとゆっくり読めばよかった。感動の波にたゆたう私。
現代の戦争はこういうものなんだ‥と驚きつつ読み進めていたが、弱い人間の奥底にある濁らない本質的な精神性を描き出した作者の志の高さ!
これは男のロマンではなく、人間の究極のロマンである。

(好きな言葉)
「人間として生きることをやめた人は腐敗臭がする」と如月行は言う。
つまり、人間しか持つことの出来ない志を捨てた時‥人間として生き抜く戦いをやめた時に人間は腐っていくというのだろう。

(読んだ後どんな変化があったか)
とにかく静かな感動に満たされた。多分今の私の眼は澄み切っている事だろう…
背中が伸びた…凛として生きていこう!

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『 心 』を読んで  by remonn

タイトルと作者 『 心 』  作者 夏目漱石 なぜ選んだか テレビを見てると漱石生誕150年ということで話題になっていた。ずっと以前に読んだことはあるが記憶が定かではないし、これを機会に読み直してみた …

超訳ニーチェの言葉エッセンシャル版 by tera

本のタイトルと作者 超訳ニーチェの言葉エッセンシャル版 著者:フリードリヒ・ニーチェ 訳:白取 春彦 何故その本を選んだのか 失恋に関する名言を調べる機会があり、ニーチェの言葉を知りました。調べてみる …

「香水~ある人殺しの物語」の感想 /by tata

・本のタイトルと作者・ 香水-ある人殺しの物語/パトリック・ジュースキント ・あらすじ・ 18世紀のフランス。超人的な嗅覚を持って生まれたたがために、疎まれた孤児ジャン・バチスト・グルヌイユの人生をえ …

対岸の彼女 ruru

本のタイトルと作者 対岸の彼女  角田光代 何故その本を選んだのか 以前WOWOWのドラマで見て、印象に残っていました。 直木賞作品ということもあり、読んでみたいと思ったので。 読む前の予想と読んだあ …

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと by tera

本のタイトルと作者 女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと 作者:西原理恵子 何故その本を選んだのか 子育て中のモデルさんがインスタグラムで紹介していた本です。 私も女の子を育てる母なので、タ …