インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

ぼくの地球を守って ruru

投稿日:2017年2月21日 更新日:

ぼくの地球を守って 1 (白泉社文庫)

花とゆめコミックス  ぼくの地球を守って  日渡早紀

なぜその本を選んだのか

学生時代に友人に勧められて全巻借りたのがきっかけです。

その時は返す都合があったので、一気に読んで読み返すことはありませんでしたが、何年経ってもずっと頭に残っている漫画でした。

読む前の予想と読んだ後の感想

私と感性の似ている友人が面白いと言っていたので、つまらなくはないんだろうなと思いながら読み始めました。

読み始めたら、話にどんどん引き込まれていき、あっという間に読んでしまいました。

全体的に暗い内容ですが、友人がそれでも面白いと言っていたのが、分かる気がしました。

読んでいる最中のエピソード

主人公の木蓮さんのセリフ1つ1つが心に刺さりました。こういう人と友だちになって色々語り合いたいですね。

美人で他人から一目置かれ、普通に接しているつもりでも友人が離れて行ってしまうのは、結構あるあるだと思いました。

読んだ後のエピソード

美人でモテる女性は、恋愛で苦労はしないんだろうなと思いきや、実はそうでもないんですよね。

自分には興味がないからこそ普通に接してくれることに、ときめいたりすることは、良くあることかも。

内容の中で自分だったらどうする?

私が木蓮さんのように絶世の美女だったら、同じように美人過ぎることにコンプレックスを持ってしまうかもしれませんが、好きな人を思い続けるよりも、言い寄ってくる男性で手を売ってしまうと思います。

好きな場面・言葉

木蓮のお母さんの言葉、『愛を知らずして、どうして人の痛みが分かるのかしら‥‥?』

愛する人だからこそ、痛みを分かろうとする、逆もあり得ますよね。深い言葉だと思います。

読み終わって自分にどんな変化があったか

紫苑のように、人間性を疑うような行動をしがちでも魅力のある人って、たまにいるんですよね。

そういう人を伴侶にしたりすると、自分も苦労するのは目に見えていて、気持ちを貫くには自分がしっかりしないといけないと思いました。

 
<

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「夜のピクニック」の感想 by tata

・本のタイトルと作者・ 夜のピクニック/恩田陸 ・あらすじ・ 北高の伝統的行事、夜を徹して80キロを全校生徒で歩き通す「歩行祭」 甲田貴子はクラスメイトの西脇融に声をかけるという、自分だけの密かな賭け …

「ちょっと今から仕事やめてくる」を読んで

本のタイトルと作者 ちょっと今から仕事やめてくる/北川恵海 何故その本を選んだのか 本屋でたまたま見かけて、タイトルで惹かれました。 読む前の予想と呼んだあとの印象 タイトルを見る限り、仕事を辞めるま …

「 LIFE 人間が知らない生き方」を読んだ感想 by makoto

本のタイトルと作者  LIFE 人間が知らない生き方 作者 麻生羽呂 篠原かをり 何故この本を選んだのか  昼の休憩中に立ち寄った本屋で発見した。動物の習慣と戦略ということで、脳裏によぎったのは漫画「 …

はなだより ほのぼのログ by tera

本のタイトルと作者 はなだより ほのぼのログ 作者:藤谷燈子 原案・装画:深町なか 何故その本を選んだのか 深町なかさんの大ファンでTwitterを頻繁にチャックしているのですが、 そこで新作発売の情 …

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと by tera

本のタイトルと作者 女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと 作者:西原理恵子 何故その本を選んだのか 子育て中のモデルさんがインスタグラムで紹介していた本です。 私も女の子を育てる母なので、タ …