インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

小説

『東京百景』を読んで by tera

投稿日:2017年2月22日 更新日:

東京百景 (ヨシモトブックス)

本のタイトルと作者

東京百景 作者:又吉直樹

何故その本を選んだのか

又吉さんが芥川賞を授賞し本屋の棚には『火花』がずらり!その片隅にひっそりと置かれていた『東京百景』に一目惚れしてジャケ買いしました。

読む前の予想と呼んだあとの印象

古風なデザインの表紙なので、難しい言葉が多いのでは…。最後まで読みきれないかも…。と不安に思っていたのですが、おもしろすぎて読破したときは又吉ワールドにどっぷりハマっていました!

読んでいる最中のエピソード

子供が昼寝中に起こさないようにと始めた読書。のはずが、さすが芸人さん。子供を起こさないように笑いを堪えるのが大変でした!

読んだ後のエピソード

又吉さん言葉と笑いのセンスに毒されました。又吉ワールドに触れたくて『火花』を即購入。他の作品もほしいものリストに入れてしまいました。

内容の中で自分だったらどうするか

仕事もお金もなかったころの暇をもて余して散歩に出かける話がいくつか登場するのですが、私ならなんでもいいから仕事をしてしまいますね~。お笑いという戦場からに逃げないで、突き進んできたからこそ生まれた作品です!

好きな場面・言葉

井の頭公園で老人を監察するストーリーの展開と笑いのセンスがすごかったです。

読み終えて自分にどんな変化があったか

又吉さんの言葉のセンスに心底憧れました!苦手意識で手に取ることのできなかった純文学が少し身近に感じることのできる作品です!

 

-小説,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『ハイデガー・存在の謎について考える』 by remonn

タイトルと作者 『ハイデガー・存在の謎について考える』 作者 北川東子 なぜこの本を選んだか 哲学書の解説にしては分かりやすい。人生論と結びついた存在論である。言葉をこねくるのではなく実感を伴って思考 …

私の好きな古典の女たち ruru

本のタイトルと作者 私の好きな古典の女たち  瀬戸内晴美 何故その本を選んだのか 瀬戸内晴美さんの本を読んでみたいと思ったので。 読む前の予想と読んだあとの印象 恋多き女として知られている瀬戸内晴美さ …

「2999年のゲームキッズ」を読んで by soukennbitya

本のタイトルと作者 2999年のゲームキッズ/渡辺浩弐 何故その本を選んだのか カバーのあらすじも帯の宣伝文も、かなり面白そうでした。 ──この街は、「幸せの約束された完全都市」のはずだった。(帯より …

「たいやき」を読んで by soukennbitya

本のタイトルと作者 たいやき/朽葉屋周太郎 何故その本を選んだのか カバーに表記されたあらすじに惹かれて。 ──怒って喧嘩して泣いて・・・そして家族になる。 家族って、イライラするほど厄介だけど、だか …

「明日の食卓」を読んで by soukennbitya

本のタイトルと作者 明日の食卓/椰月美智子 何故その本を選んだのか 「どこにでもある家庭の光と闇を描いた、衝撃の物語。」 帯の、この文言に惹かれて。 読む前の予想と読んだあとの印象 こんなに重いストー …