インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

小説

『東京百景』を読んで by tera

投稿日:2017年2月22日 更新日:

東京百景 (ヨシモトブックス)

本のタイトルと作者

東京百景 作者:又吉直樹

何故その本を選んだのか

又吉さんが芥川賞を授賞し本屋の棚には『火花』がずらり!その片隅にひっそりと置かれていた『東京百景』に一目惚れしてジャケ買いしました。

読む前の予想と呼んだあとの印象

古風なデザインの表紙なので、難しい言葉が多いのでは…。最後まで読みきれないかも…。と不安に思っていたのですが、おもしろすぎて読破したときは又吉ワールドにどっぷりハマっていました!

読んでいる最中のエピソード

子供が昼寝中に起こさないようにと始めた読書。のはずが、さすが芸人さん。子供を起こさないように笑いを堪えるのが大変でした!

読んだ後のエピソード

又吉さん言葉と笑いのセンスに毒されました。又吉ワールドに触れたくて『火花』を即購入。他の作品もほしいものリストに入れてしまいました。

内容の中で自分だったらどうするか

仕事もお金もなかったころの暇をもて余して散歩に出かける話がいくつか登場するのですが、私ならなんでもいいから仕事をしてしまいますね~。お笑いという戦場からに逃げないで、突き進んできたからこそ生まれた作品です!

好きな場面・言葉

井の頭公園で老人を監察するストーリーの展開と笑いのセンスがすごかったです。

読み終えて自分にどんな変化があったか

又吉さんの言葉のセンスに心底憧れました!苦手意識で手に取ることのできなかった純文学が少し身近に感じることのできる作品です!

 

-小説,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「遺体」を読んで by yurari

本のタイトルと作者 「遺体」 石井光太 なぜその本を読んだのか テレビ番組「情熱大陸」で見てから気になっていたノンフィクション作家・石井光太さん。彼が東日本大震災に関するルポタージュを書いたと知り興味 …

─ 言葉をたいせつにしたいすべての人に ─ 大人に贈る絵本 『 ことばのかたち 』 by lifesize

誰にだって、言葉によって傷ついた経験があるものだ。 心無く放たれたそれで、ひどくショックを受けることも、声に発されることのないそれで、疑心暗鬼に陥ることもある。 例えば、1つの夢を胸に目標を掲げ、懸命 …

風物語 ruru

本のタイトルと作者 風物語  森瑶子 何故その本を選んだのか 34歳の女性を主人公にした恋愛小説ということで、大人の恋愛を疑似体験出来そうだと思ったので。 読む前の予想と読んだあとの印象 34歳の子持 …

非・バランス ruru

本のタイトルと作者 非・バランス  魚住直子 何故その本を選んだのか バランスって、何の? 色々と考えさせられるけれど、児童書なので難しくはなさそうと思い、読んでみたくたくなったので。 読む前の予想と …

最低で最高の本屋を読んで by tera

本のタイトルと作者 最低で最高の本屋   作者:松浦弥太郎 何故その本を選んだのか たまたま立ち寄った書店でもらった フリーペーパーのおすすめ図書に紹介されていました。 読む前の予想と呼んだあとの印象 …