インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

『錨を上げよ』を読んで by remonn

投稿日:

錨を上げよ(上) (100周年書き下ろし)

タイトル『錨を上げよ』 作者 百田直樹

なぜこの本を選んだか

百田さんの『永遠の0』を読んでいたので、あの感動をもう一度と思って・・・

それにタイトルがカッコいい!

本を読んだ後の感想

イメージが違う。主人公の作田又造は直情径行型のかなり扱いにくい人物。ハーッ‥これ百田さんの作品なんだ…又造さん、人生勉強っていうけれどいい加減学びなよね!って感じがずっと続く。しかし、しかしである。嫌いになれない人間性ではある。人生に対して斜に構えない。私が思うに、非常に器の大きな人物ではないか…そして、まさしく『錨を上げよ』のタイトルを納得させる言葉が最後に出てきた。

好きな言葉・場面

最後の最後である。彼は殆どの人が気にも留めない平凡な人生を全うした人々のことを『偉大な人生』を送った‥と表現するのである。あの又造さんが!!彼は悟ったのだ!平凡な人生が偉大であることを。この時に彼は錨を上げたのだと思う。百田さんは最後に錨を上げる設定にしたと私は感じた。又造さん、頑張れ!!

後の変化

百田さんすごいね! 小説家としての器が大きいね! 私も嵐の人生を航海して来たけれど、これも捨てたもんじゃないかも…と思わせてくれた。百田さんの包容力に包まれて幸せ。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

職場はなぜ壊れるのか -産業医が見た人間関係の病理 ruru

本のタイトルと作者 職場はなぜ壊れるのか -産業医が見た人間関係の病理  荒井千暁 何故その本を選んだのか 自分のいる職場環境があまり良くないので、他の職場がどうなのかを知りたかったので。 読む前の予 …

「アルジャーノンに花束を」の感想 by tata

・本のタイトルと作者 アルジャーノンに花束を/ダニエル・キイス/小尾芙佐・訳 ・何故この作品を選んだのか 酒井駒子さんが描き下ろし新版と愛蔵版の装丁が可愛らしいのを見て、改めて読み返しました。 ・あら …

「ドクターストレンジ」の映画を見て by tera

映画のタイトルと監督 ドクターストレンジ 監督:スコット・デリクソン 何故その映画を選んだのか 映画の予告と雑誌で紹介されていたのを見て、漠然を見たいと思っていました。 タイミングよく主人がレンタルし …

絵のない絵本 ruru

本のタイトルと作者 絵のない絵本  アンデルセン 矢崎源九郎訳 何故その本を選んだのか ブックオフで100円コーナーを見ていたら、ふと目に止まったので。 読む前の予想と読んだあとの印象 絵本のように、 …

俺だって子供だ! by tera

本のタイトルと作者 俺だって子供だ! 作者:宮藤官九郎 何故その本を選んだのか 元々クドカンさんの大ファンなのですが、 ドラマ「ゆとりですが何か」を見てファン熱がヒートアップ! とにかくクドカンさんの …