インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

「永遠の0」を読んで by yurari

投稿日:2017年2月25日 更新日:

〈本のタイトルと作者〉
永遠の0 (講談社文庫)」百田尚樹

〈何故その本を選んだのか〉
テレビで見てあんまりいい印象がなかった百田尚樹。そんな自分に友達が「これ絶対呼んで!」と無理やり渡してきたので、渋々読むことに。

〈読む前の予想と呼んだあとの印象〉
「どうせお涙頂戴の感動ドラマなんでしょ」と思ってたのに、読んだあと「百田さんごめんなさいぃぃぃ」となった……。

〈呼んでいる最中のエピソード・読んだ後のエピソード〉
特攻隊の話だとは知っていたけれど、ここまでリアルで衝撃的な内容だとは知らず、目を反らしたくてもページをめくる手を止めることができなかった。読了後は放心状態になり、家族から「どうしたの!?」と心配された。

〈内容の中で自分だったらどうするか〉
もし自分が明日特攻隊に選ばれたら。食事のときにいつも隣にいた人が、ある日を境にいなくなったら。今、目の前の操縦桿を握っていたら。その合間に、家族や恋人のことを思い出したら。小説の中で起こっていること全てに自分を重ねて考えようとしても、現代社会ではありえないことばかりで、ただただ辛かった。

〈好きな場面・言葉〉
長編小説の最後、たった5ページのエピローグ。ものすごく心に刺さる。

〈読み終えて自分にどんな変化があったか〉
不謹慎かもしれないけれど、今の自分はとても幸せな人生なんだと実感した。だからこそ、戦争、という歴史をもっと知って、後世に伝えていくべきだと思った。「永遠の0」は、戦争を知らない世代にこそ読んでほしい小説、いや、読むべき小説だ!

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ぼくらのきせき ほのぼのログ by tera

本のタイトルと作者 ぼくらのきせき ほのぼのログ 作者:藤谷燈子 絵:深町なか 何故その本を選んだのか twitterでたまたま見かけたイラストレターの深町なかさんのほのぼのログのイラストに一目惚れ。 …

『人を操る禁断の文章術(メンタリズム)』を読んで by kitayama

本のタイトルと作者 『人を操る禁断の文章術』 作者 DaiGo(メンタリスト) 何故この本を選んだのか 仕事で広報誌に毎月寄稿しなければならなくて、たくさんの人に読みやすい文章を書きたいと思っていまし …

ラリルレ論 by tera

本のタイトルと作者 ラリルレ論 作者:野田洋次郎 何故その本を選んだのか 君の名ブームに見事に乗っかり、RADWINPSに激ハマりしました。 ハマるととことん突き進みたい性格のため、 RADWINPS …

ドラクエができれば経営がわかる ruru

本のタイトルと作者 ドラクエができれば経営がわかる  山口 亨 何故その本を選んだのか ドラクエが好きでよくプレイしていたので、難しい経営の話を分かりやすく読むことができると思ったので。 読む前の予想 …

星がひとつほしいとの祈り by tera

本のタイトルと作者 星がひとつほしいとの祈り 作者:原田ハマ 何故その本を選んだのか さらっ読める短編集を探していた時に、妹に勧められ手にした1冊です。 読む前の予想と呼んだあとの印象 いつも物語には …