インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

小説

『許されようとは思いません』を読んで by kitayama

投稿日:

許されようとは思いません

本のタイトルと作者

『許されようとは思いません』 作者 芦沢央

何故この本を選んだのか

ここのところ小説を読んでいなかったので、簡単に読めそうな短編集を探していて出合いました。
それと、装丁画のおどろおどろしさが目を引きました。

読む前の予想と読んだあとの印象

帯に「今年度最高のハズレなし本」「すべてのミステリー・ランキングにランクイン!」などと書かれていたので、とても期待して読み始めました。
読み終わって装丁画を見ると、その世界観をよく表しているなあと思いました。

読んでいる最中のエピソード

主人公とその彼女が祖母の遺骨をお寺に収める道程で、祖母が村八分に遭っていた苦悩が語られるのだけれど、その内容がとてもリアルで残酷でとても苦しい気持ちで読み進めていました。

読んだ後のエピソード

殺人を犯してしまった祖母の苦しみが、想像もしない展開で露わになり、それによってようやく祖母の想いが叶うのだと思うと、これまでの苦しい場面が救われた気がしました。
主人公の彼女の、深い洞察力に感謝です。

内容の中で自分だったらどうするか

私が祖母だったら・・・は考えたくない。
私が主人公の彼女だったら・・・村全体の窮屈さを笑って蹴とばせるような快活さはないので、憧れる女性かもしれない。

好きな場面・言葉

 「許されようとは思いません」と裁判所ではっきりと言った祖母の真意を、主人公の彼女、水絵が、読みとき、説明しているところがやはり一番の山場です。
もしかしたら、結婚した女性にしかわからない苦悩かもしれないです。

読み終えて自分にどんな変化があったか

最近は決まった作者の本やビジネス書ばかりを読んでいたけれど、読んだことのない作者の本を手にするのもいいなと思いました。
残りの4篇も楽しんで読み進めたいと思います。

-小説,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

冷静と情熱のあいだ Rosso ruru

本のタイトルと作者 冷静と情熱のあいだ Rosso  江國香織 何故その本を選んだのか 辻仁成さんの冷静と情熱のあいだを読んだので、江國香織さんのも読んでみたくなりました。 読む前の予想と読んだあとの …

ハゴロモ ruru

本のタイトルと作者 ハゴロモ  よしもとばなな 何故その本を選んだのか 吉本ばななさんは昔から名前だけは知っていましたが、作品を読んだことがありませんでした。 図書館で偶然見つけ、試しに読んでみようと …

絵のない絵本 ruru

本のタイトルと作者 絵のない絵本  アンデルセン 矢崎源九郎訳 何故その本を選んだのか ブックオフで100円コーナーを見ていたら、ふと目に止まったので。 読む前の予想と読んだあとの印象 絵本のように、 …

珈琲のすべて by tera

本のタイトルと作者 珈琲のすべて 発行人:角 謙二 編集人:渡辺真人 何故その本を選んだのか 下の子が断乳し、珈琲が好きなだけ飲めるようになったタイミングで TSUTAYAに並んでいるこのタイトルを見 …

「明日の食卓」を読んで by soukennbitya

本のタイトルと作者 明日の食卓/椰月美智子 何故その本を選んだのか 「どこにでもある家庭の光と闇を描いた、衝撃の物語。」 帯の、この文言に惹かれて。 読む前の予想と読んだあとの印象 こんなに重いストー …

カテゴリー

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031