インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

小説

『許されようとは思いません』を読んで by kitayama

投稿日:

許されようとは思いません

本のタイトルと作者

『許されようとは思いません』 作者 芦沢央

何故この本を選んだのか

ここのところ小説を読んでいなかったので、簡単に読めそうな短編集を探していて出合いました。
それと、装丁画のおどろおどろしさが目を引きました。

読む前の予想と読んだあとの印象

帯に「今年度最高のハズレなし本」「すべてのミステリー・ランキングにランクイン!」などと書かれていたので、とても期待して読み始めました。
読み終わって装丁画を見ると、その世界観をよく表しているなあと思いました。

読んでいる最中のエピソード

主人公とその彼女が祖母の遺骨をお寺に収める道程で、祖母が村八分に遭っていた苦悩が語られるのだけれど、その内容がとてもリアルで残酷でとても苦しい気持ちで読み進めていました。

読んだ後のエピソード

殺人を犯してしまった祖母の苦しみが、想像もしない展開で露わになり、それによってようやく祖母の想いが叶うのだと思うと、これまでの苦しい場面が救われた気がしました。
主人公の彼女の、深い洞察力に感謝です。

内容の中で自分だったらどうするか

私が祖母だったら・・・は考えたくない。
私が主人公の彼女だったら・・・村全体の窮屈さを笑って蹴とばせるような快活さはないので、憧れる女性かもしれない。

好きな場面・言葉

 「許されようとは思いません」と裁判所ではっきりと言った祖母の真意を、主人公の彼女、水絵が、読みとき、説明しているところがやはり一番の山場です。
もしかしたら、結婚した女性にしかわからない苦悩かもしれないです。

読み終えて自分にどんな変化があったか

最近は決まった作者の本やビジネス書ばかりを読んでいたけれど、読んだことのない作者の本を手にするのもいいなと思いました。
残りの4篇も楽しんで読み進めたいと思います。

-小説,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

美人なしぐさ by tera

本のタイトルと作者 美人なしぐさ 作者:中井信之 何故その本を選んだのか 女子力UPできる本を模索中にタイトルに惹かれて購入。 読む前の予想と呼んだあとの印象 芸能人のスタイルブックのような感覚で軽く …

リアルワールド ruru

本のタイトルと作者 リアルワールド  桐野夏生 何故その本を選んだのか 女子高生のリアルな日常を、自分の女子高生時代を思い出しながら読みたいと思ったので。 読む前の予想と読んだあとの印象 女子高生4人 …

冷静と情熱のあいだ Blu ruru

本のタイトルと作者 冷静と情熱のあいだ Blu  辻仁成 何故その本を選んだのか 以前から辻仁成さん小説に、興味があったので。 読む前の予想と読んだあとの印象 とても話題になった本なので、万人ウケする …

「恋文の技術」の読書感想 by tata

・本のタイトルと作者・ 恋文の技術/森見登美彦 ・何故この作品を選んだのか・ 「四畳半神話大系」という作品の面白さに魅せられ、森見登美彦作品をできるだけ読んでみたいと思ったので読むことにしました。 ・ …

『亡国のイージス』を読んで 作者 福井晴敏  by remonn

(なぜこの本を選んだのか) タイトルを見た時、品格のある壮大な男のロマンの香りが漂う感じが魅力的だったが、かなり長編なので躊躇…でも、でもやはり捨てきれずに読むことにした。 (読み終わった後の感想) …

カテゴリー

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031