インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

頭の中身が漏れ出る日々 を読んだ感想 by lily

投稿日:

頭の中身が漏れ出る日々 (PHP文芸文庫)

本のタイトルと作者

頭の中身が漏れ出る日々 作者:北大路公子

 

何故この本を選んだのか

書店でバイトしてた時、パートのおばさんに『母の日にプレゼントするなら何がいいっすかね』と聞いておすすめしてもらった。

これが尊敬する北大路先生の本との出会いになったわけだが、こんなにも崇高なエピソードだったとは。自分でもちょっと照れる。

 

読む前の予想と読んだ後の印象

実はどんな本かも確認せずに母にあげてしまったので、読んだのはそのずっと後になる。

暇だしお母さんにあげた本でも読むかーと何気なくページをめくったら、瞬く間に北大路公子ワールドに引き込まれていった。

読み終わっての第一声は、『なんじゃこりゃ。』

 

読んでいる最中のエピソード

40代独身で、北海道の実家に両親と暮らしているという謎のフリーライター・キミコさん。

その正体は、昼から堂々と酒を飲み、税金の支払いを延滞しまくり、雪かき以外は家からほとんど出ないぐうたら星人。

こんな生活してる人、ホントに日本にいるの?

 

読んだ後のエピソード

いるんですねー、日本にもぐうたら星人が。

しかも何が凄いって、そんなバカバカしい文章の中にキラリと光るセンス。

酒や雪かきや愉快な人々にまつわる妄想とホラ話が大半を占めてるけど、中には小説のような美しいお話も。

まんまとファンになった。

 

内容の中で自分だったらどうするか

私も北大路先生のような生活を送りたい。なんて言ったらぐうたら星人ナメんな、とか言われそうだけど、私の憧れの人なんです。

私も修行を積めばひとりで昼間っからビール飲めるようになるかしら。

 

好きな場面・言葉

この本の中で一番笑わせられたのは、「人生でもっともいたたまれない30秒」というお話。

恐らく実話だと察するが、こんなにも衝撃的な事件が日常生活に潜んでいるとは。というか北大路先生朝っぱらからなにやってんすか。

 

読み終えて自分にどんな変化があったか

北大路先生の本全般に共通する、「なにもかもどうでもよくなって酒でも飲んで眠りたくなる」現象に陥った。

元気が出るとか泣けるとかじゃないの。とにかく脱力させられるから、ぐうたらしながら読むのにいいです。みんなもぐうたら星人になろう。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『ハイデガー・存在の謎について考える』 by remonn

タイトルと作者 『ハイデガー・存在の謎について考える』 作者 北川東子 なぜこの本を選んだか 哲学書の解説にしては分かりやすい。人生論と結びついた存在論である。言葉をこねくるのではなく実感を伴って思考 …

日常をドラマティックにする方法 by tera

本のタイトルと作者 日常をドラマティックにする方法 作者:神崎恵 何故その本を選んだのか 河北メイクで話題のメイクアップアーティストの奥さんの著書と聞き、こちらの本を購入。 読む前の予想と呼んだあとの …

「砂の女」の感想 by tata

・本のタイトルと作者・ 砂の女/安部公房 ・あらすじ・ 昭和30年、主人公、仁木順平は、休暇を利用して新種のハンミョウを採集するためにバスの終点の砂丘の村へ向かった。 そこで虫取りに夢中になり、帰れな …

最低で最高の本屋を読んで by tera

本のタイトルと作者 最低で最高の本屋   作者:松浦弥太郎 何故その本を選んだのか たまたま立ち寄った書店でもらった フリーペーパーのおすすめ図書に紹介されていました。 読む前の予想と呼んだあとの印象 …

世界から猫が消えたなら を観た感想。by lily

映画のタイトルと監督 世界から猫が消えたなら  永井聡 何故この映画を選んだのか 本屋大賞を受賞した本が映画になっていたので、三連休に観ようと思って借りてきた。 観る前の予想と観た後の印象 ドッペルゲ …

カテゴリー

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031