インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

「アルジャーノンに花束を」の感想 by tata

投稿日:

アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)
・本のタイトルと作者

アルジャーノンに花束を/ダニエル・キイス/小尾芙佐・訳

・何故この作品を選んだのか
酒井駒子さんが描き下ろし新版と愛蔵版の装丁が可愛らしいのを見て、改めて読み返しました。

・あらすじ
知能指数70ほどの幼児のような知能しかない32歳のチャーリィ・ゴードン。
そんな彼に大学の偉い先生が「頭をよくする手術」をしてくれるという。
この申し出にとびついたチャーリィは、白ネズミのアルジャーノンを競争相手に、連日検査を受けることに。
やがて手術により、チャーリイは天才に変貌したが…

・読んでいる間の感想

主人公チャーリィ・ゴードンの「けえかほおこく」として始まるこの物語は、誤字・脱字が本当に多くて、読むのが正直ツライ程です。
それが、チャーリィの「今」持っている知能なのだから…と、思って読み続けていくと、チャーリィの知能の上がり方と正比例して、読みやすくなり、そして感情の振れ幅が大きくなってゆくのです。
あらゆる方向に読んでいる自分の感情が揺さぶられました。

・読んだ後の感想

チャーリィの知能が最大限に高まった所からラストシーンまでの勢いが本当に怒濤です。
最後の10ページ程は、最初はあんなに読みづらいと思った文章だったのに、「読み終えたくない」と、思いながら一文字ずつ大切に読みました。
「現代のバイブル」なんて仰々しいキャッチフレーズがついていますが、言葉には出来ない大きなものが命題となった、やっぱり凄い作品です。

・読み終えた後に変わったこと。

初めて読んだ時から、何度も何度も読み返す本当に素晴らしい作品です。
この作品はSF作品のジャンルになるのですが、SFというジャンルの懐の深さを考え、もっともっと名作があるのではないかと、ジャンルに囚われずにたくさんの本が読みたくなりました。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

耳をすませば ruru

本のタイトルと作者 耳をすませば  柊あおい 何故その本を選んだのか りぼんで連載していた時に読んでいた漫画で、急に終わってしまったので不思議に思い、何故かよく覚えていました。 古本屋でたまたま見つけ …

良いかげんごはん を読んだ感想 by lily

本のタイトルと作者 良いかげんごはん 作者・たかぎなおこ   何故その本を選んだのか たかぎなおこさんは、私が中学生の頃から10年以上ファンで、すべての著作を持っているくらい大好きな人だ。 …

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと by tera

本のタイトルと作者 女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと 作者:西原理恵子 何故その本を選んだのか 子育て中のモデルさんがインスタグラムで紹介していた本です。 私も女の子を育てる母なので、タ …

スターバックス誕生物語 つながりを育む経営 by tera

本のタイトルと作者 スターバックス誕生物語 つながりを育む経営 作者:ハワード・シュルツ ジョアンヌ・ゴードン 訳 :月沢季歌子 何故その本を選んだのか 大学で経営学を学んでいる妹が論文作成のために …

─ 言葉をたいせつにしたいすべての人に ─ 大人に贈る絵本 『 ことばのかたち 』 by lifesize

誰にだって、言葉によって傷ついた経験があるものだ。 心無く放たれたそれで、ひどくショックを受けることも、声に発されることのないそれで、疑心暗鬼に陥ることもある。 例えば、1つの夢を胸に目標を掲げ、懸命 …

カテゴリー

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031