インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

アンパンマンの遺書を読んで by soukennbitya

投稿日:

アンパンマンの遺書 (岩波現代文庫)

本のタイトルと作者

アンパンマンの遺書/やなせたかし

何故その本を選んだのか

タイトルと帯を見て心を惹かれました。

「アンパンマンはぼくの子供であり、ぼく自身でもある。

この遺書はアンパンマンを通じて世間へ公開するかたちをとった。」(帯より)

読んだあとの印象

この本は、アンパンマンなどで知られる漫画家・やなせたかし先生の自伝です。ご自身の誕生から2013年2月時点までの人生が語られています。

学生時代、戦時中、無名の下積み時代、そしてアンパンマンの登場とその後の活動までが語られており、それらをご自身のお名前ではなく「アンパンマン」の遺書と呼ぶ。他にも世に知られる作品が多々ある中で、それでもやはりアンパンマンは格別なのだなと思い知らされました。

やなせ先生はすでに亡くなっておられますが、アンパンマンやこの本はこの先も形として残されるはず。これほど色濃く、味わい深い自伝にはなかなか出会えないと思います。

内容の中で自分だったらどうするか

環境が違い過ぎて想像できません。そもそも自分なんかを重ねること自体おこがましい気がします・・・。

好きな場面・言葉

昨日と今日は似ている。何も変っていないように思える。でも何かが不意に変る。

読み終えて自分にどんな変化があったか

たくさんの功績を遺し、漫画界の歴史に名を刻んだ方の生涯に触れて、胸がいっぱいになりました。そして自分の今までを振り返り、改めて、まだ何もできていない事に気づきました。

ここまで壮大なものではなくとも、誰かに何かを遺せるような生き方を目指したいと思います。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

働く男 by tera

本のタイトルと作者 働く男 作者:星野源 何故その本を選んだのか ドラマ『逃げ恥』ブームで星野源さんの魅力にハマり、星野さんの人柄を知りたくて購入しました。 読む前の予想と呼んだあとの印象 星野さんの …

外面が良いにも程がある。 ruru

本のタイトルと作者 外面が良いにも程がある  尾崎衣良 何故その本を選んだのか タイトルから、外面が良すぎるとどうなるのか気になったので。 読む前の予想と読んだあとの印象 外面が良すぎると、最初の良い …

─ 誰かのために 祈ること ─ 大人に贈る絵本 『 はじまりの日 』 by lifesize

人というものは、日頃、自分の願いを満たすことに、どうしても懸命になりがちだ。 他人から好かれたい、不自由なく暮らしたい、カッコよく、美しくありたい ─ 。 もちろん、願いを持つのは悪いことじゃない。 …

いのちの車窓 から by tera

本のタイトルと作者 いのちの車窓から 作者:星野源 何故その本を選んだのか 昨年の大ヒットとなったドラマ・逃げ恥以降、星野源さんの大ファンです。 最新エッセイ発売と聞き、気になっていたため書店で購入し …

「四畳半神話大系」を読んで。 /by tata

・本のタイトルと作者・ 四畳半神話大系/森見登美彦 ・あらすじ・ 大学3回生の「私」はバラ色のキャンパスライフを想像していたのに、現実はほど遠いことに気づく。 悪友の小津のせいなのか?謎の人・樋口師匠 …

カテゴリー

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031