インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

「セッション」を鑑賞しました by tata

投稿日:

セッション(字幕版)
・映画のタイトルと監督・

セッション/デミアン・チャゼル

・あらすじ・

ニーマンは、偉大なドラマーになることに憧れ、アメリカで最高の音楽学校、シェイファー音楽学校へと進学した。
そして学校の中でも最高の指揮者として名高いフレッチャーのスタジオ・バンドに招かれる事になった。有頂天になるニーマン。しかし練習初日、スタジオに現れたニーマンは、フレッチャーの登場とともに異様な緊張感に包まれるメンバーたちの様子に違和感を覚える…

・何故この映画を選んだのか・

「この映画は絶対好きだと思う。」という家族の薦めで観ました。

・観ている間のエピソード・

フレッチャーのバンドへの想いというのは凄まじものがありました。まさに鬼気迫る…という言葉がよく似合います。最高峰の指揮者について行こうと足掻き、苦しむニーマンの姿に胸が熱くなったり、もう止めてくれ!と思ってしまったり…
音楽に、どれほどの熱量を注いでいるのかと考えると、息が苦しくなるほどでした。
音楽映画なはずですが、とてもスポ根です。

・作品の感想・

煽りに煽られているラストの衝撃というのは、伊達じゃないです。自分は観ながら息を止めていたんじゃないのか?と、思う程の息苦しさと緊張感の中、その先にあるラストシーンの爽快さは本当にハンパではありません。

・印象的なシーンやセリフ・

「才能」VS「狂気」この衝撃に、息を吞
のむ
このキャッチコピーが作品をよく表していると思います。

・見終えて自分にどんな変化があったか・

この作品のドラムの音が実際に耳に届き、罵声と狂気に晒される…という3次元的体験は映画ならではのものです。
そして、本当に鳥肌のたつような良い映画だったと思います。
この心地よい余韻にもう少し浸っていたいです。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『東京百景』を読んで by tera

本のタイトルと作者 東京百景 作者:又吉直樹 何故その本を選んだのか 又吉さんが芥川賞を授賞し本屋の棚には『火花』がずらり!その片隅にひっそりと置かれていた『東京百景』に一目惚れしてジャケ買いしました …

美人なしぐさ by tera

本のタイトルと作者 美人なしぐさ 作者:中井信之 何故その本を選んだのか 女子力UPできる本を模索中にタイトルに惹かれて購入。 読む前の予想と呼んだあとの印象 芸能人のスタイルブックのような感覚で軽く …

世界から猫が消えたなら を観た感想。by lily

映画のタイトルと監督 世界から猫が消えたなら  永井聡 何故この映画を選んだのか 本屋大賞を受賞した本が映画になっていたので、三連休に観ようと思って借りてきた。 観る前の予想と観た後の印象 ドッペルゲ …

最低で最高の本屋を読んで by tera

本のタイトルと作者 最低で最高の本屋   作者:松浦弥太郎 何故その本を選んだのか たまたま立ち寄った書店でもらった フリーペーパーのおすすめ図書に紹介されていました。 読む前の予想と呼んだあとの印象 …

「永遠の0」を読んで by yurari

〈本のタイトルと作者〉 「」百田尚樹 〈何故その本を選んだのか〉 テレビで見てあんまりいい印象がなかった百田尚樹。そんな自分に友達が「これ絶対呼んで!」と無理やり渡してきたので、渋々読むことに。 〈読 …

カテゴリー

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031