インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

「白夜行」の感想 by tata

投稿日:

白夜行 (集英社文庫)

・本のタイトルと作者・

白夜行/東野圭吾

・何故この作品を選んだのか・

凄く有名な作品なのに未だに読んだことが無かったので。

・あらすじ・

1973年、大阪で質屋店主が殺された。
容疑者が何人も捜査線上に浮かぶが、結局事件は迷宮入りに。
被害者の息子・桐原亮司と容疑者の娘・西本雪穂は、その後別々の人生を歩んでいるかに見えたが…。
薄暗い道を生きた桐原亮司と、美しい顔だちで男たちを惹きつけ、そして不幸にしてしまう女、西本雪穂。
そのふたりの生きざまを、質屋殺しを執拗に追う老刑事の執念に絡めて紡がれた長編ミステリ。

・読んでいる間の感想・

主役なはずの亮司と雪穂の心理描写が全くと言っていいほどないのです。
周りの人々の言葉と行間から想像させる物語の確信が痛々しいというのに、読むのを止められない。そして、なぜこうなったのか?と、考えずにはいられませんでした。

・読み終えた後の感想・

ただただ圧倒。
結末にたどり着くまでの世界の息苦しさというものは、登場人物誰の気持ちだったのか…共感したくはないのに、亮司と雪穂には「幸せになって欲しい!」と強く願わずにはいられませんでした。叙述トリックミステリという事になっていますが、既存の枠に収められない上質な作品です。

・読み終えた後に自分が変わったこと・

どこがターニングポイントだったのか?読んでいる間も、読み終えた後も、作品の古都ばかり考えていました。
許される犯罪などあるのか?現実にはあるはずはないし、どんな理由でも許してしまっては世界が歪むし…で、様々な想いに胸がいっぱいになりました。なかなか現実世界に帰って来られないでいます。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

珈琲のすべて by tera

本のタイトルと作者 珈琲のすべて 発行人:角 謙二 編集人:渡辺真人 何故その本を選んだのか 下の子が断乳し、珈琲が好きなだけ飲めるようになったタイミングで TSUTAYAに並んでいるこのタイトルを見 …

「ない仕事」の作り方 by tera

本のタイトルと作者 「ない仕事」の作り方 作者:みうらじゅん 何故その本を選んだのか Amazonの購入履歴からおすすめ作品として表示されていたのがきっかけです。 購入者レビューも悪くなかったので購入 …

アンパンマンの遺書を読んで by soukennbitya

本のタイトルと作者 アンパンマンの遺書/やなせたかし 何故その本を選んだのか タイトルと帯を見て心を惹かれました。 「アンパンマンはぼくの子供であり、ぼく自身でもある。 この遺書はアンパンマンを通じて …

「永遠の0」を読んで by yurari

〈本のタイトルと作者〉 「」百田尚樹 〈何故その本を選んだのか〉 テレビで見てあんまりいい印象がなかった百田尚樹。そんな自分に友達が「これ絶対呼んで!」と無理やり渡してきたので、渋々読むことに。 〈読 …

星がひとつほしいとの祈り by tera

本のタイトルと作者 星がひとつほしいとの祈り 作者:原田ハマ 何故その本を選んだのか さらっ読める短編集を探していた時に、妹に勧められ手にした1冊です。 読む前の予想と呼んだあとの印象 いつも物語には …

カテゴリー

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031