インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

映画

「わたしを離さないで」を観て by ishig

投稿日:

わたしを離さないで [DVD]

映画のタイトルと監督

タイトル:「わたしを離さないで」

監督:マーク・ロマネク

何故その映画を選んだのか

この映画の原作小説を書いたイギリスの作家、カズオ・イシグロに関心があったのがきっかけです。幼少期にイギリスに渡ったということが、自分とカズオ・イシグロを結びつける共通点です。なんとなく親近感がわきます。

観る前の予想と観たあとの印象

「わたしを離さないで」というタイトルからは、内容は想像つきませんでした。観てから、「わたしを離さないで」は、映画の中に出てくる歌のタイトルだということがわかりました。

観ている最中のエピソード

映画の中で、イギリスの子どもたちのありふれた日常が描かれています。時代設定的には過去の話で、「懐かしい」とさえ感じさせます。学校の集会で歌を歌ったり、芝生の校庭で遊ぶ子どもたちを見て、「イギリスの学校ってこうだったよね」と思い出しました。

しかし、話が展開するにつれ、その子どもたちは特殊な環境に置かれていることが明らかになります。彼らには、「クローン人間として臓器提供し、死を迎える」というSFのような未来が待ち受けているのです。過去と未来、日常と非日常が交錯する、そういう映画です。

自分だったらどうするか

主人公たちは、自分たちの置かれた残酷な運命について、従順であまりにも無抵抗です。「自分ならどうだろうか」と考えました。自分の置かれた状況を、乗り越え、外に出るのは難しいものなのかもしれません。

好きな場面・言葉

カズオ・イシグロがあるインタビューの中で、この話は子ども時代のメタファーだと語っていました。子どもは「気泡」の中にいれられていて、大人がその「気泡」の中に入ってくる情報をコントロールし、厳しい現実から子どもを守っている、と話していました。子どもは外の世界から遮断されていますが、そこに、子ども時代の無邪気さや美しさがあるのでしょう。

観終わって自分にどんな変化があったか

この映画の中に、私たち人間が置かれている状況が凝縮されて描かれている、と思いました。「生や死」「子ども時代」などのテーマについて考えを巡らせ、観た後は、映画の静かな美しさの余韻にしばらく浸りました。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期を観た感想。by lily

映画のタイトルと監督 ブリジット・ジョーンズ ダメな私の最後のモテ期 (原題: Bridget Jones’s Baby)2016、アメリカ・イギリス・フランス合作 監督 シャロン・マグワ …

映画ナミヤ雑貨店の奇蹟 by tera

映画のタイトルと監督 ナミヤ雑貨店の奇蹟 監督:廣木隆一 何故その映画を選んだのか 前回行った映画の前に流れる予告で気になっていたのと、子供の向かえに間に合う上映スケジュールだったからです。 観る前の …

ルドルフとイッパイアッテナを観た感想。by lily

映画のタイトルと監督 ルドルフとイッパイアッテナ 監督  湯山邦彦、榊原幹典 何故この映画を選んだのか 去年の夏母と一緒に映画館に観に行った思い出の映画です。 DVDが出たのでもう一度観ることに。 観 …

『春にして君を想う』を観て by freejunkie

映画のタイトルと監督 タイトル:春にして君を想う(原題:Börn náttúrunnar) 監督:フリドリック・トール・フリドリクソン 何故この映画を選んだのか 永瀬正敏さんのファンで、彼が推薦文を書 …

『サウルの息子』を観て by freejunkie

映画のタイトルと監督 タイトル:サウルの息子(原題:Saul fia) 監督:ネメシュ・ラースロー あらすじ 第二次世界大戦中のアウシュヴィッツ収容所。同胞の死体処理を任務とする「ゾンダーコマンド」と …

カテゴリー

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031