インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

「四畳半神話大系」を読んで。 /by tata

投稿日:

四畳半神話大系 (角川文庫)
・本のタイトルと作者・

四畳半神話大系/森見登美彦

・あらすじ・

大学3回生の「私」はバラ色のキャンパスライフを想像していたのに、現実はほど遠いことに気づく。
悪友の小津のせいなのか?謎の人・樋口師匠の無理難題のおかげか?全く近づけない孤高の乙女・明石さんへの恋路のためか?そして、「私」が迷い込んだのは平行世界のうで…

・読んでいる間の感想・

この本は落丁しているのでは?と、初めて読んだ時ばかりドッキリしました。
それは、4つからなる章が全く同じに始まるからです。ただのコピー&ペーストを利用した文字数稼ぎなのか、はたまた読者を迷い込ませる導入なのか…今まで読んだことのない、とても新しいスタイルの小説でした。

・読み終えた後の感想・

この小説の世界観をこねくり回して、ひねくり回しているこの手法は「マジックリアリズム」というものだそうです。
ファンタジーでもなく、読んでいるだけで現実世界から引き込まれてしまうこの小説の京都はとても楽しい世界です。

・印象的なシーンやセリフ・
声に出して読みたい日本語なのに、何故このように面白おかしくなるのか?責任者はどこか!と、言いたくなるほどに明言に溢れています。是非ともその目で確認して欲しいと思います。

・読み終えた後に自分が変わったこと・
しばらく主人公の「私」の思考の仕方というか、言葉遣いを文章などを書くときに
使ってしまいます。美しくて高尚な日本語でここまで面白楽しいもので、尚且つ小説にしてしまうのは素晴らしい事だと、まだ読んでいない森見登美彦作品を追いかけみることにしました。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『錨を上げよ』を読んで by remonn

タイトル『錨を上げよ』 作者 百田直樹 なぜこの本を選んだか 百田さんの『永遠の0』を読んでいたので、あの感動をもう一度と思って・・・ それにタイトルがカッコいい! 本を読んだ後の感想 イメージが違う …

星がひとつほしいとの祈り by tera

本のタイトルと作者 星がひとつほしいとの祈り 作者:原田ハマ 何故その本を選んだのか さらっ読める短編集を探していた時に、妹に勧められ手にした1冊です。 読む前の予想と呼んだあとの印象 いつも物語には …

─ 眠れない夜には、枕もとに ─ 大人に贈る絵本 『 よるのこどもの あかるいゆめ 』 by lifesize

タイトルに“ こどもの ” という表現が含まれていたので、どうかなと思いつつも、表紙写真の不思議な魅力に惹きつけられて開いてみた絵本がある。 そして、開いてみてよかった。 これは、大人をも、心地よい眠 …

アンパンマンの遺書を読んで by soukennbitya

本のタイトルと作者 アンパンマンの遺書/やなせたかし 何故その本を選んだのか タイトルと帯を見て心を惹かれました。 「アンパンマンはぼくの子供であり、ぼく自身でもある。 この遺書はアンパンマンを通じて …

「植物図鑑」の感想 by tata

・本のタイトルと作者・ 植物図鑑/有川浩 ・何故この作品を選んだのか・ 映画化されたのを思い出しての再読です。 ・あらすじ・ ある冬の晩。 飲み会から自宅に帰ってきたさやかは、自宅マンションの前で行き …