インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

「龍三と七人の子分たち」を鑑賞しました。by tata

投稿日:

龍三と七人の子分たち [DVD]
・映画のタイトルと監督・
龍三と七人の子分たち/北野武

・あらすじ・
引退したが、ヤクザの性分が消えないために普通の暮らしには慣れられないでいる元・組長の龍三は、オレオレ詐欺にだまされてしまう。人々をだます奴らを許すわけにはいかない!と、かつての子分たちを召集して世直しをすることに…

・作品の感想・
藤竜也、近藤正臣、中尾彬など、実力派俳優たちが世直しに息巻く血気盛んなヤクザ役なので、安心して鑑賞できました。
コメディの中に高齢化社会のこと、詐欺事件などの社会問題を盛り込んだ作品ですが、スラップスティックさを狙いすぎなところがあって、オチが読めてしまう流れでもありました。何度も観たくなる名作かどうかは正直微妙です。

・印象的なシーンやセリフ・
作品全体的に「ビートたけし」を、物語るようなお笑いのエッセンス大量に盛り込んであるように思います。
ツボに入る人にはかなり笑えるのではないかな?という予測がつき過ぎるくらいにベタです。

・見終えて自分にどんな変化があったか・
記憶に残って、何度も観られる。という名作ではありませんでしたが、「ビートたけし」という人物の存在感の大きさを感じたました。トップで走り続けるということの凄さの片鱗を「アウトレイジ」とのギャップで感じることが出来たように思います。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

魔法のコンパス 道なき道の歩き方 by tera

本のタイトルと作者 魔法のコンパス 道なき道の歩き方 作者:西野亮廣 何故その本を選んだのか ネットニュースで存在をしり購入を決意!amazonでは売り切れ。少ししてから書店に並んでいるのを見つけ、読 …

『東京百景』を読んで by tera

本のタイトルと作者 東京百景 作者:又吉直樹 何故その本を選んだのか 又吉さんが芥川賞を授賞し本屋の棚には『火花』がずらり!その片隅にひっそりと置かれていた『東京百景』に一目惚れしてジャケ買いしました …

冷静と情熱のあいだ Blu ruru

本のタイトルと作者 冷静と情熱のあいだ Blu  辻仁成 何故その本を選んだのか 以前から辻仁成さん小説に、興味があったので。 読む前の予想と読んだあとの印象 とても話題になった本なので、万人ウケする …

「夜のピクニック」の感想 by tata

・本のタイトルと作者・ 夜のピクニック/恩田陸 ・あらすじ・ 北高の伝統的行事、夜を徹して80キロを全校生徒で歩き通す「歩行祭」 甲田貴子はクラスメイトの西脇融に声をかけるという、自分だけの密かな賭け …

『 心 』を読んで  by remonn

タイトルと作者 『 心 』  作者 夏目漱石 なぜ選んだか テレビを見てると漱石生誕150年ということで話題になっていた。ずっと以前に読んだことはあるが記憶が定かではないし、これを機会に読み直してみた …