インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

小説

冷静と情熱のあいだ Blu ruru

投稿日:

冷静と情熱のあいだ―Blu (角川文庫)

本のタイトルと作者

冷静と情熱のあいだ Blu  辻仁成

何故その本を選んだのか

以前から辻仁成さん小説に、興味があったので。

読む前の予想と読んだあとの印象

とても話題になった本なので、万人ウケするような分かりやすい恋愛小説だと思っていましたが、若い男女間の恋愛というよりも、人生について考えさせられる箇所が幾つもありました。

読んでいる最中のエピソード読んだ後のエピソード

本来なら話の中心であるはず元カノの話は思い出として少し顔を出す程度に書かれていて、今の彼女の芽実の立場で、順正は酷い男だと思っていましたが、読んだ後は元カノを思う彼の気持ちがよく分かるようになりました。

内容の中で自分だったらどうするか

私が順正の立場なら、芽実との関係を続けると思います。

あおいとの過去は取り返しのつかないものだし、お互いに既婚者として、たまに話をして体を重ねる程度の関係を続けるのがベストですね。

好きな場面・言葉

同性のアンジェロから好きだと告白された後の、順正にセリフ

アンジェロ。ぼくはそんなにいっぺんに沢山の感情を抱えきれないんだ

翻訳調ですが、とても綺麗で分かりやすいセリフです。

読み終えて自分にどんな変化があったか

お互いに同じ想いを持っていても、問題はタイミングで上手くいかないことがやっぱりあるんですね。

自分の感情の為に生活を変えるのは危険で、生活の中で自分の感情に正直に生きたいと思いました。

 

-小説,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『 心 』を読んで  by remonn

タイトルと作者 『 心 』  作者 夏目漱石 なぜ選んだか テレビを見てると漱石生誕150年ということで話題になっていた。ずっと以前に読んだことはあるが記憶が定かではないし、これを機会に読み直してみた …

『人を操る禁断の文章術(メンタリズム)』を読んで by kitayama

本のタイトルと作者 『人を操る禁断の文章術』 作者 DaiGo(メンタリスト) 何故この本を選んだのか 仕事で広報誌に毎月寄稿しなければならなくて、たくさんの人に読みやすい文章を書きたいと思っていまし …

「龍三と七人の子分たち」を鑑賞しました。by tata

・映画のタイトルと監督・ 龍三と七人の子分たち/北野武 ・あらすじ・ 引退したが、ヤクザの性分が消えないために普通の暮らしには慣れられないでいる元・組長の龍三は、オレオレ詐欺にだまされてしまう。人々を …

夜を乗り越える by tera

本のタイトルと作者 夜を乗り越える 作者:又吉直樹 何故その本を選んだのか 又吉さんの大ファンで、新作発売と聞き発売を楽しみしていました。 読む前の予想と読んだあとの印象 一点の曇りもなく又吉さんの魅 …

「雪煙チェイス」を読んで by soukennbitya

本のタイトルと作者 雪煙チェイス/東野圭吾 何故その本を選んだのか 本屋に行った時、たまたま発売直後だったらしく特設コーナーができていました。今まで東野圭吾さんの作品に触れた事が無かったので、この機会 …