インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

小説

冷静と情熱のあいだ Rosso ruru

投稿日:

冷静と情熱のあいだ―Rosso (角川文庫)

本のタイトルと作者

冷静と情熱のあいだ Rosso  江國香織

何故その本を選んだのか

辻仁成さんの冷静と情熱のあいだを読んだので、江國香織さんのも読んでみたくなりました。

読む前の予想と読んだあとの印象

聡明な女性として描かれているあおいの生活が、アクティブでないのが意外でした。

読んでいる最中のエピソード読んだ後のエピソード

完璧で、どんな自分も受け入れてくれるマーヴとの生活が、マーヴを想えば想うほど窮屈に感じ始めるのは、読み進めると分かる気がします。

自分に正直に言葉を発することで相手を傷つけ、傷つけられた反動で攻撃的になる相手をそのまま受け入れれば、別れが来るのは当然かもしれません。

内容の中で自分だったらどうするか

あおいのように自分に正直で居られる女性は魅力的ですが、生きづらいことが多いですね。

必要に応じて自分を偽ることは、よくあることとして認めて生きていくと思います。

好きな場面・言葉

本が好きなくせに、アオイは買わないんだね。

とマーヴに不思議がられたアオイの言葉

読みたいだけで、持ちたいわけじゃないもの。

所有は最悪の束縛だもの。

あおいの人に対する想いが、良く分かる言葉です。

読み終えて自分にどんな変化があったか

愛しているということだけで、一緒に生活するのは無理があります。

自分を愛してくれている人が2人居たとして、一方が駄目ならもう一方という考えも、実は現実的ではないですね。

駄目な時期は、誰と一緒になっても駄目なことが分かりました。

-小説,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「香水~ある人殺しの物語」の感想 /by tata

・本のタイトルと作者・ 香水-ある人殺しの物語/パトリック・ジュースキント ・あらすじ・ 18世紀のフランス。超人的な嗅覚を持って生まれたたがために、疎まれた孤児ジャン・バチスト・グルヌイユの人生をえ …

頭の中身が漏れ出る日々 を読んだ感想 by lily

本のタイトルと作者 頭の中身が漏れ出る日々 作者:北大路公子   何故この本を選んだのか 書店でバイトしてた時、パートのおばさんに『母の日にプレゼントするなら何がいいっすかね』と聞いておすす …

良いかげんごはん を読んだ感想 by lily

本のタイトルと作者 良いかげんごはん 作者・たかぎなおこ   何故その本を選んだのか たかぎなおこさんは、私が中学生の頃から10年以上ファンで、すべての著作を持っているくらい大好きな人だ。 …

となりの怪物くん by tera

本のタイトルと作者 となりの怪物くん 作者:ろびこ 何故その本を選んだのか 閲覧履歴からのおすすめ作品リストにピックアップされていたのでとりあえずチェックしてみました。 読む前の予想と呼んだあとの印象 …

「遺体」を読んで by yurari

本のタイトルと作者 「遺体」 石井光太 なぜその本を読んだのか テレビ番組「情熱大陸」で見てから気になっていたノンフィクション作家・石井光太さん。彼が東日本大震災に関するルポタージュを書いたと知り興味 …