インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

「恋文の技術」の読書感想 by tata

投稿日:

([も]3-1)恋文の技術 (ポプラ文庫)
・本のタイトルと作者・
恋文の技術/森見登美彦

・何故この作品を選んだのか・
「四畳半神話大系」という作品の面白さに魅せられ、森見登美彦作品をできるだけ読んでみたいと思ったので読むことにしました。

・あらすじ・
主人公・守田一郎は、京都の大学から能登半島の海辺にある実験所に飛ばされてしまった。
そして遠方から「文通武者修行」と称して、あらゆる知人に手紙を書きまくる。
しかし、いちばん手紙を書きたい相手にはなかなか書けず…
衝撃的な書簡体小説です。

・読んでいる間の感想・
一方的な書簡から守田一郎氏の人物像や周りの人々を際限なく妄想してしまいます。そして、どうしようもないひねくれ者の守田一郎の恋の行方が気になって仕方なくなります。

・読み終えた後の感想・
日本語の文章というものをとても大切に扱っていながら、驚くほどにこねくり回しているところには、「いつもの森見登美彦作品だ!」という安心感があります。
守田一郎氏の手紙だけ。という一方通行なものなのに、文章の向こう側をとても想像して、そしてその世界をとても愛おしく思いました。

・印象的なシーンやセリフ・
「失敗書簡集」というものが思わず声を出して笑ってしまう出来です。

・読み終えた後に自分が変わったこと・
手紙をしたためるということは、とても良いことなんだろうなぁ。と、思って胸のあたたかくなる作品です。
現代社会、手紙を書くのはとても億劫かも知れませんが、たまには書いてみようかしら?と、思いました。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画君の膵臓をたべたい by tera

映画のタイトルと監督 君の膵臓をたべたい 監督:月川翔 何故その映画を選んだのか 同じ時期に上映していた東京喰種を鑑賞予定だったのですが、上映時間とのスケジュールが合わずこちらの作品に。漫画を少し読ん …

「セッション」を鑑賞しました by tata

・映画のタイトルと監督・ セッション/デミアン・チャゼル ・あらすじ・ ニーマンは、偉大なドラマーになることに憧れ、アメリカで最高の音楽学校、シェイファー音楽学校へと進学した。 そして学校の中でも最高 …

『人を操る禁断の文章術(メンタリズム)』を読んで by kitayama

本のタイトルと作者 『人を操る禁断の文章術』 作者 DaiGo(メンタリスト) 何故この本を選んだのか 仕事で広報誌に毎月寄稿しなければならなくて、たくさんの人に読みやすい文章を書きたいと思っていまし …

はなだより ほのぼのログ by tera

本のタイトルと作者 はなだより ほのぼのログ 作者:藤谷燈子 原案・装画:深町なか 何故その本を選んだのか 深町なかさんの大ファンでTwitterを頻繁にチャックしているのですが、 そこで新作発売の情 …

『亡国のイージス』を読んで 作者 福井晴敏  by remonn

(なぜこの本を選んだのか) タイトルを見た時、品格のある壮大な男のロマンの香りが漂う感じが魅力的だったが、かなり長編なので躊躇…でも、でもやはり捨てきれずに読むことにした。 (読み終わった後の感想) …