インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

小説

「聖なる怠け者の冒険」を読んで by soukennbitya

投稿日:

聖なる怠け者の冒険 (朝日文庫)

本のタイトルと作者

聖なる怠け者の冒険/森見登美彦

何故その本を選んだのか

タイトルやカバーイラストが異質で面白そうでした。

読む前の予想と読んだあとの印象

もしこれがラノベだったら、「俺は実はすごい力を持っているけど何事もなく平和に過ごしたいんだ!」と主張する主人公の物語なんだろうなという予想をし、その上で購入しなかったと思います。ありきたりなので。

けれどこの作品はそうではなくて、300ページを超える分厚い物語の中で、主人公が終盤まで本当に何もしないんですよね。ただ寝てるだけ。周りですごい事が起こっていても、微動だにしない。真の怠け者でした。

読んでいる最中のエピソード

会社で読んでいたとき、職場の先輩が「あ、それ知ってる!本屋で見かけて、迷ったけど買わなかった!」と言って去って行きました。買わなかったのかよ(笑)

内容の中で自分だったらどうするか

主人公は終盤で目を覚まし、物語を動かしますが、自分だったら二度寝しますかね。事件が収束するまで見て見ぬふりを決め込みます。

好きな場面・言葉

周りの人たちが緊迫した状況にいる中、主人公がめっちゃ平和な夢をみていて笑いました。

読み終えて自分にどんな変化があったか

怠けるって素敵だなと再認識しました。

-小説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「ログ・ホライズン」を読んで by soukennbitya

本のタイトルと作者 ログ・ホライズン/橙乃ままれ 何故その本を選んだのか あらすじを見て興味を持ちました。 読む前の予想と読んだあとの印象 ゲーム好きの主人公たちが、遊んでいたゲームの世界に飛ばされる …

図書館の神様 ruru

本のタイトルと作者 図書館の神様  瀬尾まいこ 何故その本を選んだのか 最近図書館通いをしていることもあって、図書館の神様というタイトルに惹かれたので。 読む前の予想と読んだあとの印象 図書館には神様 …

神様のボート ruru

本のタイトルと作者 神様のボート  江國香織 何故その本を選んだのか 江國香織さんの作品を以前読んだことがあって、もう一冊読んでみたいと思ったので。 読む前の予想と読んだあとの印象 神様のボートに乗っ …

トリップ ruru

本のタイトルと作者 トリップ  角田光代 何故その本を選んだのか 連作小説ということで、ちょっとした合間に読み易そうと思って選びました。 読む前の予想と読んだあとの印象 平凡な街のふつうの人たちの秘密 …

流しのしたの骨 ruru

流しのしたの骨 本のタイトルと作者 流しのしたの骨  江國香織 何故その本を選んだのか 江國香織さんの小説を読みたい気分で、不思議なタイトルに惹かれたので。 読む前の予想と読んだあとの印象 流しのした …