インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

最低で最高の本屋を読んで by tera

投稿日:

最低で最高の本屋 (集英社文庫)

本のタイトルと作者

最低で最高の本屋   作者:松浦弥太郎

何故その本を選んだのか

たまたま立ち寄った書店でもらった

フリーペーパーのおすすめ図書に紹介されていました。

読む前の予想と呼んだあとの印象

物語だと思って読み始めてみると

人気雑誌『暮しの手帖』編集長・松浦弥太郎さんのエッセイでした。

物語だと思って読み始めてしまったので少し拍子抜けしたのですが、

読み進めいくうちに作者の生き方に強く惹かれていきました。

読んでいる最中のエピソード読んだ後のエピソード

 

自由に選択のできる現代と違う状況の中で、

苦悩しながら自分らしい生き方を模索していく

作者の姿に生きるパワーをもらった気分になりました!

内容の中で自分だったらどうするか

現地のことを何も知らずに単身渡米する作者に驚きを隠せませんでした。

留学経験がありますが、仲介会社を通して学校やホームスティ先を手配し、

下準備を万全にしてからでないと私は動けません・・・。

好きな場面・言葉

作者が尊敬する高村光太郎の「最低にして最高の道」

に収められている詩を紹介されています。

「最高」と「最低」のバランスが大事というフレーズはとても印象的です!

読み終えて自分にどんな変化があったか

『暮しの手帖』を購入したことはなく、

病院の待合まどでたまに目を通すくらいでした。

書店で『暮しの手帖』を目にする度に、本作品を思い出します。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「恋文の技術」の読書感想 by tata

・本のタイトルと作者・ 恋文の技術/森見登美彦 ・何故この作品を選んだのか・ 「四畳半神話大系」という作品の面白さに魅せられ、森見登美彦作品をできるだけ読んでみたいと思ったので読むことにしました。 ・ …

冷静と情熱のあいだ Blu ruru

本のタイトルと作者 冷静と情熱のあいだ Blu  辻仁成 何故その本を選んだのか 以前から辻仁成さん小説に、興味があったので。 読む前の予想と読んだあとの印象 とても話題になった本なので、万人ウケする …

頭の中身が漏れ出る日々 を読んだ感想 by lily

本のタイトルと作者 頭の中身が漏れ出る日々 作者:北大路公子   何故この本を選んだのか 書店でバイトしてた時、パートのおばさんに『母の日にプレゼントするなら何がいいっすかね』と聞いておすす …

女子校育ち ruru

本のタイトルと作者 女子校育ち  辛酸なめ子 何故その本を選んだのか 私自身が女子校出身ということもあり、女子校育ちの女性がどういう風に見られているか興味を持ったので。 読む前の予想と呼んだあとの印象 …

「砂の女」の感想 by tata

・本のタイトルと作者・ 砂の女/安部公房 ・あらすじ・ 昭和30年、主人公、仁木順平は、休暇を利用して新種のハンミョウを採集するためにバスの終点の砂丘の村へ向かった。 そこで虫取りに夢中になり、帰れな …