インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

「夜のピクニック」の感想 by tata

投稿日:

夜のピクニック (新潮文庫)
・本のタイトルと作者・
夜のピクニック/恩田陸

・あらすじ・
北高の伝統的行事、夜を徹して80キロを全校生徒で歩き通す「歩行祭」
甲田貴子はクラスメイトの西脇融に声をかけるという、自分だけの密かな賭けをしていた…

・読んでいる間の感想・
「ただ高校生が歩くだけ」の群像小説です。なのに、若いっていいなぁと高校生だった頃を懐かしんだり、羨んだり、感動するセリフがあったり、ヤキモキしたり…たくさんの事が詰め込まれていて、自分も学生だった頃に戻ったようでワクワクしました。

・読み終えた後の感想・
複雑に絡み合ったような人間関係ですが、読み終えた。と、思ったすぐそばからまた一緒に登場人物たちと歩きたい!と、思い、すぐに再読してしまう…そんな小説です。

・印象的なシーンやセリフ・
名言で溢れているような本なのですが、「なんでこの本をもっと昔、小学校の時に読んでおかなかったんだろうって、ものすごく後悔した。せめて中学生でもいい。十代の入り口で読んでおくべきだった。そうすればきっと、この本は絶対に大事な本になって、今の自分を作るための何かになってたはずだったんだ」
というセリフでナルニア国物語を振り返る場面があります。
この部分が本のことだけじゃなくて、とても深くてグッときました。

・読み終えた後に自分が変わったこと・
早速、作中に出てきた「ナルニア国物語」を読み始めてしまいました。
こうやって、引き上げた1冊の本からステキな本に出会える幸せを感じています。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『逃げるは恥だが役に立つ』 by.tsugekura kioka

タイトルと作者 逃げるは恥だが役に立つ 作者/海野 つなみ 何故この本を選んだのか TBS系で放送されていたドラマ版にハマったのがきっかけ。 原作はどんな雰囲気なんだろう? 実写との相違は? 気になっ …

「恋文の技術」の読書感想 by tata

・本のタイトルと作者・ 恋文の技術/森見登美彦 ・何故この作品を選んだのか・ 「四畳半神話大系」という作品の面白さに魅せられ、森見登美彦作品をできるだけ読んでみたいと思ったので読むことにしました。 ・ …

不機嫌な長男長女無責任な末っ子たち by tera

本のタイトルと作者 不機嫌な長男長女無責任な末っ子たち 作者:五百田達成 何故その本を選んだのか 私自身は3姉妹の長女で、2人の子供を子育中ということもあり興味を惹かれるタイトル。 3人目を考えている …

となりの怪物くん by tera

本のタイトルと作者 となりの怪物くん 作者:ろびこ 何故その本を選んだのか 閲覧履歴からのおすすめ作品リストにピックアップされていたのでとりあえずチェックしてみました。 読む前の予想と呼んだあとの印象 …

最低で最高の本屋を読んで by tera

本のタイトルと作者 最低で最高の本屋   作者:松浦弥太郎 何故その本を選んだのか たまたま立ち寄った書店でもらった フリーペーパーのおすすめ図書に紹介されていました。 読む前の予想と呼んだあとの印象 …