インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

小説

「ビューティフルマンデー」を読んで by soukennbitya

投稿日:

ビューティフルマンデー (メディアワークス文庫)

本のタイトルと作者

ビューティフルマンデー/宇佐見秋伸

何故その本を選んだのか

カバーに記載されているあらすじに惹かれて。

どこか歪んだ生き方をする彼らの運命が交錯するとき、奇妙で予測不可能なドラマがうねりはじめる──。(カバーより)

読む前の予想と読んだあとの印象

こちらは群像劇スタイルの作品なのですが、群像劇は視点を固定して進めてゆく作品と比べて、それぞれの物語が繋がり始める終盤のあたりでの臨場感や爽快感がすごいんですよね。ただ、構成や魅せ方で失敗すると、ごちゃごちゃしたよく分からない仕上がりになる。面白い分、難しいのです。

その辺、この作品はどうなのだろう・・・と偉そうな事を思いながら読み始めましたが、杞憂でした。とても面白かったです(^^)

読んでいる最中のエピソード

群像劇は基本、いろんな人たちが別の場所で起こした出来事が少しずつ繋がって一つの事件になるのですが、この作品はまたちょっと毛色が違うんですよね。着地点が読めませんでした。

内容の中で自分だったらどうするか

ポジションによります。何ができるんだろう・・・?

読み終えて自分にどんな変化があったか

あとがきによると、この作品の著者である宇佐見先生は、伊坂幸太郎先生の作品をリスペクトしているそうです。そちらにも手を伸ばしてみようかなぁと思いました。

-小説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「神様のコドモ」を読んで by soukennbitya

本のタイトルと作者 神様のコドモ/山田悠介 何故その本を選んだのか 作者で選びました。山田悠介さんの作品を読んだ事がなかったのですが、短編集なら入りやすいかなと思いまして。 読む前の予想 付属の帯でか …

『殺戮にいたる病』を読んで by freejunkie

本のタイトルと作者  『殺戮にいたる病』 我孫子武丸 何故この本を選んだのか  たまたま読んだ雑誌にこの本が紹介されていたのがきっかけです。 「帯に犯人の名前が書いてあるのに犯人が分からない」といった …

非・バランス ruru

本のタイトルと作者 非・バランス  魚住直子 何故その本を選んだのか バランスって、何の? 色々と考えさせられるけれど、児童書なので難しくはなさそうと思い、読んでみたくたくなったので。 読む前の予想と …

「居酒屋ぼったくり」を読んで by soukennbitya

本のタイトルと作者 居酒屋ぼったくり/秋川滝美 何故その本を選んだのか 表紙とタイトルに惹かれて。表紙の優しい雰囲気のイラストと、それに合わない物騒なタイトルが面白いなと思いました。 読む前の予想と読 …

「私たちが星座を盗んだ理由」を読んで by soukennbitya

本のタイトルと作者 私たちが星座を盗んだ理由/北山猛邦 何故その本を選んだのか 書店で見かけて、帯の文章に興味を惹かれました。 すべてはラストで覆る!優しく、美しく、そして残酷な5つの物語。(帯より) …

カテゴリー

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031