インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

漫画

外面が良いにも程がある。 ruru

投稿日:

外面が良いにも程がある。 (フラワーコミックスアルファ)

本のタイトルと作者

外面が良いにも程がある  尾崎衣良

何故その本を選んだのか

タイトルから、外面が良すぎるとどうなるのか気になったので。

読む前の予想と読んだあとの印象

外面が良すぎると、最初の良い印象から幻滅されるとが多いんだろうなと想像していましたが、外面が良すぎると警戒されて、第一印象が必ずしも良いとは限らないんですね。

読んでいる最中のエピソード読んだ後のエピソード

外面が良く見せるのは、人間関係を上手く行かせるための手段の筈ですが、自分を偽ることによる弊害も出てきます。

結局、内面を見せることでハッピーエンドになるのは、なんだかなぁという感じです。実際は内面をチラ見させながら外面を良く見せる筈なんですよね。

内容の中で自分だったらどうするか

必要以上に外面を良く見せると、嫉妬されることがあるので、普通に良い人止まりの印象を持たせるようにすると思います。

好きな場面・言葉

外見25点の女の子が、眼鏡を取ると美人になる場面。

やっぱり漫画はこうでないとつまらないですね。深い内容の中で、ホッとするシーンでした。

読み終えて自分にどんな変化があったか

大人になれば自分で環境を選ぶことができるので、その場その場で必要な外面の良さを見せたいなと思いました。

-, 漫画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「龍三と七人の子分たち」を鑑賞しました。by tata

・映画のタイトルと監督・ 龍三と七人の子分たち/北野武 ・あらすじ・ 引退したが、ヤクザの性分が消えないために普通の暮らしには慣れられないでいる元・組長の龍三は、オレオレ詐欺にだまされてしまう。人々を …

「田村はまだか」を読んだ感想 by tata

・本のタイトルと作者 朝倉かすみ/田村はまだか ・ 何故その本を選んだのか ピンクのセーターを着た壮年の男が表紙で、そしてこのタイトル。吉川英治文学賞受賞した作品ともなれば、書店で目に付かないはずもな …

ラリルレ論 by tera

本のタイトルと作者 ラリルレ論 作者:野田洋次郎 何故その本を選んだのか 君の名ブームに見事に乗っかり、RADWINPSに激ハマりしました。 ハマるととことん突き進みたい性格のため、 RADWINPS …

対岸の彼女 ruru

本のタイトルと作者 対岸の彼女  角田光代 何故その本を選んだのか 以前WOWOWのドラマで見て、印象に残っていました。 直木賞作品ということもあり、読んでみたいと思ったので。 読む前の予想と読んだあ …

世界から猫が消えたなら を観た感想。by lily

映画のタイトルと監督 世界から猫が消えたなら  永井聡 何故この映画を選んだのか 本屋大賞を受賞した本が映画になっていたので、三連休に観ようと思って借りてきた。 観る前の予想と観た後の印象 ドッペルゲ …

カテゴリー

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031