インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

小説

対岸の彼女 ruru

投稿日:

対岸の彼女

本のタイトルと作者

対岸の彼女  角田光代

何故その本を選んだのか

以前WOWOWのドラマで見て、印象に残っていました。

直木賞作品ということもあり、読んでみたいと思ったので。

読む前の予想と読んだあとの印象

魚子と葵と同じように、小夜子と葵の関係も、小夜子仕事を辞めたことで切れてしまうと思っていました。

実際は小夜子は葵を見放さず、2人の関係は続いていくのが面白いです。

読んでいる最中のエピソード読んだ後のエピソード

高校時代の人間関係は、グループに依存してグループ内で行動するのはあるあるですね。

高校を卒業してしまうと、どちらにしても環境の違いから離れてしまうのだから、無理をすることはなかったんだなと改めて思い知らされました。

内容の中で自分だったらどうするか

私が葵で魚子のような友達がいたら、やっぱり現実逃避に付き合ってしまうでしょう。

2人は自殺ではなく、何となくどこかに行けるような気がして飛び降りていますが、私ならマンションの上で我にかえると思います。

好きな場面・言葉

引越ししてしまった魚子に再会する場面、会ったら訊きたいことがたくさんあったはずなのに、どうでもいい事を話して終わってしまいます。

目の前に本人がいる安心感が、連絡先などを交換するチャンスを逃してしまったのかもしれません。

読み終えて自分にどんな変化があったか

人は本質的には変わらないけれど、演じることは出来るんですね。

職場や家庭で、色々な自分を使い分けて生きていくことで、上手くやっていこうと思いました。

-小説,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」鑑賞しました by tata

・映画のタイトルと監督・ オール・ユー・ニード・イズ・キル/ダグ・リーマン ・あらすじ・ 「ギタイ」と呼ばれるエイリアンの侵略を受けている近未来の地球が舞台。 「ギタイ」が引き起こしている時間のループ …

ひとりの女 ruru

本のタイトルと作者 ひとりの女  群ようこ 何故その本を選んだのか 昔よく読んでいた群ようこさんの小説を、久しぶりに読みたくなったので。 読む前の予想と読んだあとの印象 独身のキャリアウーマン、マイコ …

耳をすませば ruru

本のタイトルと作者 耳をすませば  柊あおい 何故その本を選んだのか りぼんで連載していた時に読んでいた漫画で、急に終わってしまったので不思議に思い、何故かよく覚えていました。 古本屋でたまたま見つけ …

「神様のコドモ」を読んで by soukennbitya

本のタイトルと作者 神様のコドモ/山田悠介 何故その本を選んだのか 作者で選びました。山田悠介さんの作品を読んだ事がなかったのですが、短編集なら入りやすいかなと思いまして。 読む前の予想 付属の帯でか …

エコノミカル・パレス ruru

本のタイトルと作者 エコノミカル・パレス  角田光代 何故その本を選んだのか 何を表しているか分からない、不思議なタイトルに惹かれたので。 読む前の予想と読んだあとの印象 角田光代さんの小説なので、何 …

カテゴリー

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031