インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

「香水~ある人殺しの物語」の感想 /by tata

投稿日:

香水―ある人殺しの物語 (文春文庫)
・本のタイトルと作者・

香水-ある人殺しの物語/パトリック・ジュースキント

・あらすじ・

18世紀のフランス。超人的な嗅覚を持って生まれたたがために、疎まれた孤児ジャン・バチスト・グルヌイユの人生をえがいた小説。

・読んでいる間の感想・

ありとあらゆる匂いを嗅ぎ分ける主人公・グルヌイユ。
そのため、ニオイの描写がとにかくスゴイです。
自分の思い出せる限りのニオイを思い出しながら読んで、実際には嗅ぐことができないのに、鼻が痛くなるほどです。

・読み終えた後の感想・

誰にも愛されないグルヌイユが愛したものは、ただただ「ニオイ」そのものでした。
五感といわれるものの一つなので、重要だとは思いますが、グルヌイユの執念深く練り上げられた歪んだ劣情が「ニオイ」ただ一つに集約したラストシーンは呆気ないのに息が詰まるような場面でした。

・印象的なシーンやセリフ・

小説内すべてに漂う悪臭から、きっと嗅いだことのないようなとんでもなくイイニオイまで、それはそれは途轍もない描写です。
是非ともグルヌイユのように脳内でニオイを練り上げ、ありもしないニオイを想像から体感して欲しいです。

・読み終えた後に自分が変わったこと・

実際には嗅げないニオイを求めて、花鼻の奥が痛くなる小説でした。映画にもなっているとのことなので、自分の想像を駆使して読んだ小説がどんな風に映像化されているのか、そちらも是非観てみたいと思っています。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夜を乗り越える by tera

本のタイトルと作者 夜を乗り越える 作者:又吉直樹 何故その本を選んだのか 又吉さんの大ファンで、新作発売と聞き発売を楽しみしていました。 読む前の予想と読んだあとの印象 一点の曇りもなく又吉さんの魅 …

ハリー・ポッターと呪いの子 を読んだ感想 by lily

本のタイトルと作者 ハリー・ポッターと呪いの子 作者 J.K.ローリング、ジョン・ティファニー、ジャック・ソーン   何故その本を選んだのか ハリー・ポッターの待望の続編となれば、読まないわ …

ドラクエができれば経営がわかる ruru

本のタイトルと作者 ドラクエができれば経営がわかる  山口 亨 何故その本を選んだのか ドラクエが好きでよくプレイしていたので、難しい経営の話を分かりやすく読むことができると思ったので。 読む前の予想 …

「セッション」を鑑賞しました by tata

・映画のタイトルと監督・ セッション/デミアン・チャゼル ・あらすじ・ ニーマンは、偉大なドラマーになることに憧れ、アメリカで最高の音楽学校、シェイファー音楽学校へと進学した。 そして学校の中でも最高 …

「龍三と七人の子分たち」を鑑賞しました。by tata

・映画のタイトルと監督・ 龍三と七人の子分たち/北野武 ・あらすじ・ 引退したが、ヤクザの性分が消えないために普通の暮らしには慣れられないでいる元・組長の龍三は、オレオレ詐欺にだまされてしまう。人々を …

カテゴリー

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031