インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

劇場 by tera

投稿日:

劇場

本のタイトルと作者

劇場 作者:又吉直樹

何故その本を選んだのか

芥川賞作家・又吉直樹さんの待望の新作が発売と聞き、購入しました。

読む前の予想と呼んだあとの印象

前回の作品よりも少し嫌な空気感のある作品だったかなと思います。

ただ、相変わらず又吉ワールド全開でステキでした!

読んでいる最中のエピソード

おもしろいのですが、主人公のダメ人間っぷりが目につきます。

なんだかイライラしながら読んでいました。

読んだ後のエピソード

最後の2ページを読んでいると、自然と涙がこぼれました。

私自身が同じような経験をしたかと言えば、少し違うんですが

感情移入せざずにはいられない作りになっていました。

内容の中で自分だったらどうするか

主人公の彼女・沙希は売れない演劇役者の永を支え続け、

自分が壊れてしまいました。

心が弱い人のように見えて、実はすごく我慢強い人だと思います。

私は自分に甘いので、売れない役者を支えていくのは無理です。

好きな場面・言葉

最後の2ページは絶対に読んでもらいたいですね。

ただ、そこまでの2人の流れを知っていてこそ感動できます。

主人公の長セリフが、とても考えさせられます。

読み終えて自分にどんな変化があったか

若さとはものすごいパワーだなと実感しました。

私にのこのカップルのようなパワーあふれる時期があったのかと考え深くなりましたね。

また、この小説は以前読んだ又吉さんの「東京百景」に似た内容のものがありました。

おそらく又吉さんの実体験を元に書かれた物語です。

そのことを頭に入れて読むと、よりストーリーにのめり込めるかなと思います。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

花に、かみつく ruru

本のタイトルと作者 花に、かみつく  加賀やっこ 何故その本を選んだのか ミステリアスなタイトルに興味を持ったので。 読む前の予想と読んだあとの印象 花と恋愛を綺麗に描いた少女漫画と、予想していました …

─ 言葉をたいせつにしたいすべての人に ─ 大人に贈る絵本 『 ことばのかたち 』 by lifesize

誰にだって、言葉によって傷ついた経験があるものだ。 心無く放たれたそれで、ひどくショックを受けることも、声に発されることのないそれで、疑心暗鬼に陥ることもある。 例えば、1つの夢を胸に目標を掲げ、懸命 …

芸のためなら亭主も泣かす ruru

 本のタイトルと作者 芸のためなら亭主も泣かす  中村うさぎ

サイコパス by tera

本のタイトルと作者 サイコパス 作者:中野信子 何故その本を選んだのか いつものように本屋巡りをしていて、気になった1冊です。 私にとって刺激的なタイトルでもあったので何度か購入を断念しましたが、何度 …

ぼくらのきせき ほのぼのログ by tera

本のタイトルと作者 ぼくらのきせき ほのぼのログ 作者:藤谷燈子 絵:深町なか 何故その本を選んだのか twitterでたまたま見かけたイラストレターの深町なかさんのほのぼのログのイラストに一目惚れ。 …

カテゴリー

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031