インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

星がひとつほしいとの祈り by tera

投稿日:

星がひとつほしいとの祈り (実業之日本社文庫)

本のタイトルと作者

星がひとつほしいとの祈り 作者:原田ハマ

何故その本を選んだのか

さらっ読める短編集を探していた時に、妹に勧められ手にした1冊です。

読む前の予想と呼んだあとの印象

いつも物語には非日常を求めて読みますが、

この短編種はどこかの誰かが実際に経験したであろう内容が綴られています。

良い意味で期待を裏切られたと思いました。

読んでいる最中のエピソード

1つ目の作品は、中絶手術をする女性の話でした。

なんとリアルなテーマをぶつけてくるんだ。と一瞬尻込みしてしまいた。

ただ1つ目で結構渋いダメージを受けたのでそのあとのストーリーも

読み進めることができましたね。

読んだ後のエピソード

ほっこりするわけでもなく、感情移入しすぎるわけでもなく日常に戻れる作品です。

もちろん考えさせらる部分は多いですが、重たくない。

ただ読み終えた後に見る見慣れた景色が、いつもより透き通っていた気がします。

内容の中で自分だったらどうするか

1つ目の作品で、主人公は中絶手術後、普通に過ごしているように見えます。

そのくらい割り切らないと前に進めないという意味にも捉えられますが、

もう少し人間らしい表現が私は好きです。

私なら泣かずにはいられないですね。

好きな場面・言葉

一番最後の作品の、方言のセリフがとてもリアルでよかったです。

お別れに歌を贈る場面も登場人物の年齢と絶妙なバランスが取れた作りだと思いました。

読み終えて自分にどんな変化があったか

私は、ありきたりな日常を退屈だと思うことがよくあります。

でもこの短編集のようにどこかの誰かが経験しているであろう出来事も、

違う誰かにとっては物語になるのだと思うと、

なんとなく過ごしている毎日がほんの少しドラマティックに思えてきました。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「神様のコドモ」を読んで by soukennbitya

本のタイトルと作者 神様のコドモ/山田悠介 何故その本を選んだのか 作者で選びました。山田悠介さんの作品を読んだ事がなかったのですが、短編集なら入りやすいかなと思いまして。 読む前の予想 付属の帯でか …

君と100回目の恋 by tera

映画のタイトルと監督 君と100回目の恋 監督:月川翔 何故その映画を選んだのか 劇場で鑑賞した友達から勧められて見ました。友達も私も坂口健太郎さんのファンなので、坂口健太郎さんが好きなら見る価値ある …

ドラクエができれば経営がわかる ruru

本のタイトルと作者 ドラクエができれば経営がわかる  山口 亨 何故その本を選んだのか ドラクエが好きでよくプレイしていたので、難しい経営の話を分かりやすく読むことができると思ったので。 読む前の予想 …

「魔法陣グルグル2」を読んで by soukennbitya

本のタイトルと作者 魔法陣グルグル2/衛藤ヒロユキ 何故その本を選んだのか 前作、「魔法陣グルグル」が好きだったので。コミックスも全部揃ってます。 読む前の予想と読んだあとの印象 最近の少年漫画は話も …

「チャッピー」を鑑賞しました。 /by tata

・映画のタイトルと監督・ チャッピー/ニール・ブロムガンプ ・あらすじ・ ディオンは人間の知性を模倣した新たな人工知能ソフトウェアを開発したが、そのロボットを試作することは許可されなかった。 諦めきれ …

カテゴリー

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031