インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

いのちの車窓 から by tera

投稿日:

いのちの車窓から

本のタイトルと作者

いのちの車窓から 作者:星野源

何故その本を選んだのか

昨年の大ヒットとなったドラマ・逃げ恥以降、星野源さんの大ファンです。

最新エッセイ発売と聞き、気になっていたため書店で購入しまいした。

読む前の予想と呼んだあとの印象

今までの作品より一般向けになったような印象です。

過去作も読んでいますが、挿絵や文章がシンプルになって読みやすくなったかんじです。

個人的には前の挿絵好きでした・・・!

読んでいる最中のエピソード

慣れ親しんだ曲のタイトルがつけられたページに辿り着いたときは、

読むペースが速くなりました!

いつも聞いている曲を作った本人の考えが知れるのはとても嬉しいです。

読んだ後のエピソード

星野さんの作品にもっと触れたくなり、TBSオンデマンドに登録。

ドラマ・逃げ恥を一気に見ました!

当ドラマで共演した新垣結衣さんのことも書かれていたので、

見る楽しみの倍増した気がします。

内容の中で自分だったらどうするか

星野さんは普段はメガネをかけているようで、

レンズ越しにどこか他人のような感覚で物事を捉えているんだとか。

私も視力が良くなですが、運転中のみメガネを使用しています。

そんな風に感じたことはないので、とおもしろい視点だと思います!

好きな場面・言葉

大泉洋さんとの関係に触れている場面がとにかく良い!

星野源さんの書き方が素敵なのもあるんですが、二人の関係性が好きです。

大泉洋さんが好かれる理由がわかります。

読み終えて自分にどんな変化があったか

期待していた新作は、期待通りの満足感を与えてくれるものでした!

星野さんの作品はもちろん、文章から伝わってくる人柄も素敵です。

もう少しで始まるWOWOWOのドラマも見てしまいそうです!

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「神様のコドモ」を読んで by soukennbitya

本のタイトルと作者 神様のコドモ/山田悠介 何故その本を選んだのか 作者で選びました。山田悠介さんの作品を読んだ事がなかったのですが、短編集なら入りやすいかなと思いまして。 読む前の予想 付属の帯でか …

最低で最高の本屋を読んで by tera

本のタイトルと作者 最低で最高の本屋   作者:松浦弥太郎 何故その本を選んだのか たまたま立ち寄った書店でもらった フリーペーパーのおすすめ図書に紹介されていました。 読む前の予想と呼んだあとの印象 …

一汁一菜でよいという提案 by tera

本のタイトルと作者 一汁一菜でよいという提案  作者:土井善晴 何故その本を選んだのか 全国のお洒落な書店を紹介しているインスタアカウントで取り上げられていたのがきっかけです。タイトルに惹かれました! …

『亡国のイージス』を読んで 作者 福井晴敏  by remonn

(なぜこの本を選んだのか) タイトルを見た時、品格のある壮大な男のロマンの香りが漂う感じが魅力的だったが、かなり長編なので躊躇…でも、でもやはり捨てきれずに読むことにした。 (読み終わった後の感想) …

耳をすませば ruru

本のタイトルと作者 耳をすませば  柊あおい 何故その本を選んだのか りぼんで連載していた時に読んでいた漫画で、急に終わってしまったので不思議に思い、何故かよく覚えていました。 古本屋でたまたま見つけ …

カテゴリー

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930