インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

ラリルレ論 by tera

投稿日:

ラリルレ論

本のタイトルと作者

ラリルレ論 作者:野田洋次郎

何故その本を選んだのか

君の名ブームに見事に乗っかり、RADWINPSに激ハマりしました。

ハマるととことん突き進みたい性格のため、

RADWINPSのボーカル・野田洋次郎さんのエッセイを購入しました。

読む前の予想と呼んだあとの印象

エッセイと聞いて購入しましたが、本書の暑さに驚きました。

野田さんの日記スタイルで進められるため、

生活スタイルにも触れられファンいとって貴重な1冊です!

読んでいる最中のエピソード

読んでいる最中はRADWINPSのアルバムをエンドレスリピートです。

本書で出てくるツアーで歌っていた曲を聴きながら読むと、

臨場感が増してどっぷり野田ワールドに浸かれます!

読んだ後のエピソード

独特なオーラを放つ作者・野田洋次郎さん。

思っていたより繊細な人であることがわかり歌詞に重みがでましたね。

今まで聞いていた曲も作る過程や背景をしることで価値が上がりました。

内容の中で自分だったらどうするか

もうアーティスさんなんで、自分の行動に置き換えることはできませんね。

行動や思考がかけ離れいるので…。

会場のお客さんを覚えていることがわかり、

いつか私も生でRADWINPSの声を聴きたいと思いました。

好きな場面・言葉

RADWINPSのメンバーが出会うまでのストーリーが書かれています。

始まりの物語はとても貴重な記録だなと思いましたね。

これからどんどん活躍していくグループだと思うので、

下積み時代が知れて嬉しかったです。

読み終えて自分にどんな変化があったか

デビュー当時は良く聞いていたRADWINPS。

実は君の名ブームがくるまで数年間の活動内容を知りませんでした。

今回本書を読んだことでより一層ファンになりました!

過去の楽曲も聞く機会が格段に増えました。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私の好きな古典の女たち ruru

本のタイトルと作者 私の好きな古典の女たち  瀬戸内晴美 何故その本を選んだのか 瀬戸内晴美さんの本を読んでみたいと思ったので。 読む前の予想と読んだあとの印象 恋多き女として知られている瀬戸内晴美さ …

対岸の彼女 ruru

本のタイトルと作者 対岸の彼女  角田光代 何故その本を選んだのか 以前WOWOWのドラマで見て、印象に残っていました。 直木賞作品ということもあり、読んでみたいと思ったので。 読む前の予想と読んだあ …

「遺体」を読んで by yurari

本のタイトルと作者 「遺体」 石井光太 なぜその本を読んだのか テレビ番組「情熱大陸」で見てから気になっていたノンフィクション作家・石井光太さん。彼が東日本大震災に関するルポタージュを書いたと知り興味 …

「香水~ある人殺しの物語」の感想 /by tata

・本のタイトルと作者・ 香水-ある人殺しの物語/パトリック・ジュースキント ・あらすじ・ 18世紀のフランス。超人的な嗅覚を持って生まれたたがために、疎まれた孤児ジャン・バチスト・グルヌイユの人生をえ …

「田村はまだか」を読んだ感想 by tata

・本のタイトルと作者 朝倉かすみ/田村はまだか ・ 何故その本を選んだのか ピンクのセーターを着た壮年の男が表紙で、そしてこのタイトル。吉川英治文学賞受賞した作品ともなれば、書店で目に付かないはずもな …

カテゴリー

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930