インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

小説

ひとりの女 ruru

投稿日:

ひとりの女 (集英社文庫)

本のタイトルと作者

ひとりの女  群ようこ

何故その本を選んだのか

昔よく読んでいた群ようこさんの小説を、久しぶりに読みたくなったので。

読む前の予想と読んだあとの印象

独身のキャリアウーマン、マイコの心境を、群さんらしく軽妙に描かれていると予想していました。

読んでみると、話の中で、マイコの悩みやマイコを取り巻く人間関係の問題が、解決しているようでしていません。

自分の実生活と照らし合わせると、そんなものかもしれません。ある意味、現実的だと思いました。

読んでいる最中のエピソード読んだ後のエピソード

新人のミズタニが遅刻を繰り返す場面で、今の職場にも遅刻ばかりする20代前半の男の子が居たのを思い出しました。

彼は最終的にはクビになりましたが、どんな職場でもあるんですね。

読んだ後、ミズタニが転職先で生き生きと仕事をしているのを確認して、モチベーションの違いで変わるものなんだなと思いました。

内容の中で自分だったらどうするか

マイコが母親の紙袋を置き忘れたままにしようとするのは、私も実際にそうするかもしれないです。

親の作った煮物や貰い物の漬物なんて有難くも何ともないし、貰うならお金の方が良いです。

好きな場面・言葉

マイコのモットーは

仕事以外では、自分がいやなことはしたくない

仕事は一人でやるものではないので、我慢しなければならないこともたくさんあるし、我がままばかりいっていられない。しかしプライベートな部分は誰にも口を挟んでもらいたくない。両親でさえもいやなのだ。人の目も気にしない。

いちいちもっともだと思いました。私も似たような感じで、両親だからこそいやですね。

読み終えて自分にどんな変化があったか

男性社会の中で仕事をして認められようと思ったら、男性よりも男性らしく、キツイ性格でなければやっていけません。

マイコの性格は環境が作ったもので、そうはなりたくないなと思いました。

-小説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハリー・ポッターと呪いの子 を読んだ感想 by lily

本のタイトルと作者 ハリー・ポッターと呪いの子 作者 J.K.ローリング、ジョン・ティファニー、ジャック・ソーン   何故その本を選んだのか ハリー・ポッターの待望の続編となれば、読まないわ …

「何者」を読んで by yurari

本のタイトルと作者 「何者」 朝井リョウ 何故その本を選んだのか 朝井リョウのデビュー作「桐島、部活やめるってよ」が面白かったので、直木賞をとった「何者」も読まなくは!と。 読む前の予想と読んだあとの …

「たいやき」を読んで by soukennbitya

本のタイトルと作者 たいやき/朽葉屋周太郎 何故その本を選んだのか カバーに表記されたあらすじに惹かれて。 ──怒って喧嘩して泣いて・・・そして家族になる。 家族って、イライラするほど厄介だけど、だか …

「私たちが星座を盗んだ理由」を読んで by soukennbitya

本のタイトルと作者 私たちが星座を盗んだ理由/北山猛邦 何故その本を選んだのか 書店で見かけて、帯の文章に興味を惹かれました。 すべてはラストで覆る!優しく、美しく、そして残酷な5つの物語。(帯より) …

「2999年のゲームキッズ」を読んで by soukennbitya

本のタイトルと作者 2999年のゲームキッズ/渡辺浩弐 何故その本を選んだのか カバーのあらすじも帯の宣伝文も、かなり面白そうでした。 ──この街は、「幸せの約束された完全都市」のはずだった。(帯より …

カテゴリー

2017年9月
« 7月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930