インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

漫画

ニの姫の物語 ruru

投稿日:

二の姫の物語 (フラワーコミックス)

本のタイトルと作者

二の姫の物語  和泉かねよし

何故その本を選んだのか

戦乱の時代に生きた姫の物語ということで、面白そうだったので。

読む前の予想と読んだあとの印象

読む前は、戦乱の時代の、身分違いの恋物語を予想していました。

実際は、しっかり者の一の姫と、愛されキャラの三の姫に挟まれた、愚図の二の姫の物語です。

読んでいる最中のエピソード読んだ後のエピソード

頭の良いしっかり者は、人の意見を聞かないというのは、現実の世界でもよくある話です。

一見愚図でも、二の姫は家臣に感謝をきちんと表し、それにより率いる軍の求心力が高まるんですね。実はリーダーの素質は、そういうところにあるのが分かります。

内容の中で自分だったらどうするか

私が青推なら、戦では二の姫を守ることだけ考え、指揮をさせることはなかったかもしれません。

好きな場面・言葉

二の姫が、新王の座を三の姫に譲る場面

二の姫自身の幸せを考えたら、王にはなりたくないのは想像できます。

読み終えて自分にどんな変化があったか

本当に王に相応しいのは、資質はどうであれやはり目立ちたがり屋で愛されキャラの三の姫なんですよね。

二の姫も王の素質は十分ですが、王になるにはちょっと無理がありますね。

賢い人は、そこもちゃんと分かっているんだなと思い、人を見る目が変わりました。

-漫画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今日もアイツは丸かった。 ruru

本のタイトルと作者 今日もアイツは丸かった。  湯木のじん 何故その本を選んだのか タイトルから、太めの女の子の話かなと思い、興味を持ったので。 読む前の予想と読んだあとの印象 太めの女の子が、コンプ …

『逃げるは恥だが役に立つ』 by.tsugekura kioka

タイトルと作者 逃げるは恥だが役に立つ 作者/海野 つなみ 何故この本を選んだのか TBS系で放送されていたドラマ版にハマったのがきっかけ。 原作はどんな雰囲気なんだろう? 実写との相違は? 気になっ …

絶対糖度 ruru

本のタイトルと作者 絶対糖度  山田こもも 何故その本を選んだのか 甘ったるい恋愛漫画を読みたかったので。 読む前の予想と読んだあとの印象 年下の彼氏とのラブラブな生活を予想していました。 読んでみる …

ずっと独身でいるつもり? ruru

本のタイトルと作者 ずっと独身でいるつもり?  おかざき真里 何故その本を選んだのか 結婚しない人生について、色々な目線で描かれていいて面白そうだと思ったので。 読む前の予想と読んだあとの印象 独身イ …

『うつヌケ〜うつトンネルを抜けた人たち』を読んで by kitayama

本のタイトルと作者 『うつヌケ〜うつトンネルを抜けた人たち』 作者 田中圭一 何故この本を選んだのか 知り合いのTwitterで紹介&絶賛されていたので読みたくなりました。 それと、自分自身がうつ経験 …

カテゴリー

2017年9月
« 7月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930