インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

小説

不思議の国のアリス ruru

投稿日:

不思議の国のアリス (角川文庫)

本のタイトルと作者

不思議の国のアリス  ルイス・キャロル

何故その本を選んだのか

絵本でしか読んだことのない話を、小説として読んでみたかったので。

読む前の予想と読んだあとの印象

小学生でも簡単に理解できる、ライトノベルのような内容を予想していました。

読んでみると、子どもが背伸びして言いたそうな言葉遊びが多く、理解しようと思うと難しかったです。

読んでいる最中のエピソード読んだ後のエピソード

迷い込んだ不思議の国で、アリスが何かを発見して物語が終わると思っていました。

実際は、あてもなく彷徨っていて突然現実の世界に戻ります。

子どもの世界って、こんなものかもしれません。

内容の中で自分だったらどうするか

私がアリスだったら、次々と起こる不思議な出来事に首を突っ込まないで、適当に目的を見つけて歩き続けると思います。

好きな場面・言葉

裁判官が法律を適当に作ってアリスを追い出そうとする場面。

それが42条なのに1番古い法律と言ってしまい、アリスからそれなら第1条のはずと突っ込まれる場面。

子どもでもそのくらいのことは理解できるので、侮ってはいけないと思いました。

読み終えて自分にどんな変化があったか

子どもの世界は、親など保護者がいることで成り立っているんですね。

子どもだけだと、この物語の言葉遊びのように、ヘンテコなことがヘンテコなまま過ぎてしまうことがあるんですね。大人から見たら不思議な世界です。

-小説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハゴロモ ruru

本のタイトルと作者 ハゴロモ  よしもとばなな 何故その本を選んだのか 吉本ばななさんは昔から名前だけは知っていましたが、作品を読んだことがありませんでした。 図書館で偶然見つけ、試しに読んでみようと …

「デュラララ!!」を読んで by soukennbitya

本のタイトルと作者 デュラララ!!/成田良吾 何故その本を選んだのか 成田先生の作品が好きなので。 読む前の予想 最近のラノベはタイトルが異様に長く、もはやタイトルなのかあらすじなのか分からないものが …

『殺戮にいたる病』を読んで by freejunkie

本のタイトルと作者  『殺戮にいたる病』 我孫子武丸 何故この本を選んだのか  たまたま読んだ雑誌にこの本が紹介されていたのがきっかけです。 「帯に犯人の名前が書いてあるのに犯人が分からない」といった …

冷静と情熱のあいだ Rosso ruru

本のタイトルと作者 冷静と情熱のあいだ Rosso  江國香織 何故その本を選んだのか 辻仁成さんの冷静と情熱のあいだを読んだので、江國香織さんのも読んでみたくなりました。 読む前の予想と読んだあとの …

「2999年のゲームキッズ」を読んで by soukennbitya

本のタイトルと作者 2999年のゲームキッズ/渡辺浩弐 何故その本を選んだのか カバーのあらすじも帯の宣伝文も、かなり面白そうでした。 ──この街は、「幸せの約束された完全都市」のはずだった。(帯より …

カテゴリー

2017年9月
« 7月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930