インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

小説

カエルも愛せば王子になれる ruru

投稿日:

カエルも愛せば、王子になれる

本のタイトルと作者

カエルも愛せば王子になれる  スティーヴン・ミッチェル

何故その本を選んだのか

カエルを愛するお姫様の話ということで、どんな世間知らずのお姫様が出て来るんだろうと、興味を持ったので。

読む前の予想と読んだあとの印象

子供向けのおとぎ話で、純粋無垢なお姫様がカエルのアプローチに最後の最後に応えるストーリーを予想していました。

最後まで読んでみると、教養のあるお姫様がカエルを愛してしまったことを正当化するために、カエルが王子であると信じてしまう話です。

読んでいる最中のエピソード読んだ後のエピソード

大事な黄金の玉の為とはいえ、カエルと取引するなんて、やっぱり愚かなお姫様だなと、ちょっとがっかりしました。

けれどカエルが王子であると疑わなければ、カエルを壁に投げつけるという一か八かの方法で望みを叶えることが出来るんですね。

実生活でも、時には思い切った行動が良い結果を招くこともありますね。

内容の中で自分だったらどうするか

どんなに望んでいることでも、その為に一か八かの方法を試すことはまず無いなと思います。

でもカエルとの取引は、推しに負けてしてしまうかもしれません。

好きな場面・言葉

もしヒロインが思いやりに満ちたやさしい姫君だったら、たんにカエルをペットにしただけだろう。

カエルを王子に変えることができるのは、お姫様くらいの気位と意志の強さがあってこそなんですね。

読み終えて自分にどんな変化があったか

カエルを人間の王子と信じて疑わない意志の強さが、カエルを王子に変えたとすれば、自分がこうなりたいと強く思えばこそ、願いは叶うものだと思うようになりました。

逆を言えば、強く思えばこそ実現することもあると教えられました。

-小説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

冷静と情熱のあいだ Blu ruru

本のタイトルと作者 冷静と情熱のあいだ Blu  辻仁成 何故その本を選んだのか 以前から辻仁成さん小説に、興味があったので。 読む前の予想と読んだあとの印象 とても話題になった本なので、万人ウケする …

冷静と情熱のあいだ Rosso ruru

本のタイトルと作者 冷静と情熱のあいだ Rosso  江國香織 何故その本を選んだのか 辻仁成さんの冷静と情熱のあいだを読んだので、江國香織さんのも読んでみたくなりました。 読む前の予想と読んだあとの …

「デュラララ!!」を読んで by soukennbitya

本のタイトルと作者 デュラララ!!/成田良吾 何故その本を選んだのか 成田先生の作品が好きなので。 読む前の予想 最近のラノベはタイトルが異様に長く、もはやタイトルなのかあらすじなのか分からないものが …

対岸の彼女 ruru

本のタイトルと作者 対岸の彼女  角田光代 何故その本を選んだのか 以前WOWOWのドラマで見て、印象に残っていました。 直木賞作品ということもあり、読んでみたいと思ったので。 読む前の予想と読んだあ …

「たいやき」を読んで by soukennbitya

本のタイトルと作者 たいやき/朽葉屋周太郎 何故その本を選んだのか カバーに表記されたあらすじに惹かれて。 ──怒って喧嘩して泣いて・・・そして家族になる。 家族って、イライラするほど厄介だけど、だか …

カテゴリー

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031