インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

映画君の膵臓をたべたい by tera

投稿日:

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

映画のタイトルと監督

君の膵臓をたべたい 監督:月川翔

何故その映画を選んだのか

同じ時期に上映していた東京喰種を鑑賞予定だったのですが、上映時間とのスケジュールが合わずこちらの作品に。漫画を少し読んでいたこと、原作が注目を集めていたこともあり、一緒に見た友人も興味を持っていました。

観る前の予想と観たあとの印象

子育てに忙しく、映画館での作品鑑賞は約3年ぶりでした。さらに原作の注目度が高かったこともあって、かなり期待していた作品でしたが、思ったほど感動しなかったことが残念です。原作にはない大人になった登場人物の世界が描かれていた点は、とてもよかったです。

観ている最中のエピソード

登場人物が少なく、主人公が物静かな性格なので、全体を通して静寂感のある映画でした。友人や他のお客さんが泣いている様子はありましたが、私はいまいちでした。ですが、主人公が初めて泣くシーンだけは、彼の心情に感情移入できちょっとだけゆるっとさせられました。

観た後のエピソード

ストーリー展開は良くある病気にまつわる純愛もので、タイトルと内容の絡め方もありきたりだったと思います。映画館ではなく、レンタルして家で鑑賞するほうが良かったなと少し後悔しました。

内容の中で自分だったらどうするか

主人公は人とコミュニケーションをとることが苦手で、いつも1人で読書している青年でした。私は大人になってから本を読む楽しさを知ったのですが、主人公のように学生時代からたくさんの本に出合っていれば、また違う考え方や生き方ができたのかなと思います。主人公のように、友達が1人もいないと言うのはちょっと極端ですが・・・

好きな場面・言葉

「君の膵臓をたべたい」と言うフレーズは作品の最後に登場します。昔の人は自分の悪い内臓を治すために、その同じ部位の健康な内臓を食べることで治療していたことから出たフレーズです。作品の中では言葉に表せない愛を表現するフレーズとなっているので、想定できてしまう内容ですが、不器用ながら愛を伝える言葉として素敵だなぁと思いました。

観終えて自分にどんな変化があったか

原作を元に映像化された作品は、基本的には鑑賞後に原作を読みます。でもこの作品に関しては映画のほうがきれいにまとまっていると言う印象だったので、劇場で見た1回で満足です。昔だったらきゅんとする場面や感動したはずの場面が多数あったのですが、高校生のように物事を純粋に捉えられなくなってしまったアラサーの自分に気づかされました。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供が育つ魔法の言葉 by tera

本のタイトルと作者 作者:ドロシー・ロー・ノルト :レイチャル・ハリス 訳 :石井千春 何故その本を選んだのか ネットニュースで本の一部を抜粋した記事を読みました。 当時1人目を妊娠中だったこともあり …

「アルジャーノンに花束を」の感想 by tata

・本のタイトルと作者 アルジャーノンに花束を/ダニエル・キイス/小尾芙佐・訳 ・何故この作品を選んだのか 酒井駒子さんが描き下ろし新版と愛蔵版の装丁が可愛らしいのを見て、改めて読み返しました。 ・あら …

又吉直樹「火花」のドラマ② by Mozu

ドラマ「火花」② NHK総合:3月5日放送、原作:又吉直樹「火花」 ◇なぜそのドラマを選んだのか ピース又吉の芥川賞受賞作品。原作は読んでいないが、話題作であり興味をもっていた。 1回目の放送では、主 …

─ 言葉をたいせつにしたいすべての人に ─ 大人に贈る絵本 『 ことばのかたち 』 by lifesize

誰にだって、言葉によって傷ついた経験があるものだ。 心無く放たれたそれで、ひどくショックを受けることも、声に発されることのないそれで、疑心暗鬼に陥ることもある。 例えば、1つの夢を胸に目標を掲げ、懸命 …

アンパンマンの遺書を読んで by soukennbitya

本のタイトルと作者 アンパンマンの遺書/やなせたかし 何故その本を選んだのか タイトルと帯を見て心を惹かれました。 「アンパンマンはぼくの子供であり、ぼく自身でもある。 この遺書はアンパンマンを通じて …

カテゴリー

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031