インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

小説

いとしい ruru

投稿日:

いとしい (幻冬舎文庫)

本のタイトルと作者

いとしい  川上弘美

何故その本を選んだのか

不思議なタイトルだなと、興味を持ったので。

読む前の予想と読んだあとの印象

読む前は、タイトルから一捻りした恋愛小説と予想していました。

読んでみると、一風変わった人たちが素直に人を愛する物語です。

読んでいる最中のエピソード読んだ後のエピソード

チダさんとミドリ子がセックスする度ミドリ子の体の一部が捻れ、チダさんが2万円ミドリ子に渡すとそれが元に戻ります。

只の不思議な現象かなと思っていましたが、読んだ後、後ろめたさの表れなのかなと想像できました。

内容の中で自分だったらどうするか

私がミドリ子なら、同じように鈴本鈴郎に同族嫌悪のようなものを感じていたでしょう。

自分に持っていないものを持っている紅郎を好きになるのは、兄弟とはいえ仕方ないかな。

好きな場面・言葉

オトヒコさんの腕枕はいい

オトヒコさんの腕枕はふくふくとしている。筋肉を奥に持った柔らかなぜい肉、その肉に頭をのせていると見る間にあたしは眠りにおちていってしまう。オトヒコさんの胸に耳をあて芯で鳴っている音を聞いたあと腕と胸のつくる三角の空間に頭をおとして敷布の冷たさを感じるときの多幸感、それ以上の多幸感をあたしは感じたことがなかった。

私が主人の腕枕で感じていたのは、文字に起こすとこの感じなのかも。

読み終えて自分にどんな変化があったか

ユリエが、紅郎と2人で仲良くしているときは何も感じず、2人で居るのに1人だと感じるときに紅郎が好きだと強く感じるのは、2人の関係に危機が生じているのを察しているのかもしれません。

夫婦は空気みたいな存在になるというのは、良いことだと思うようになりました。

-小説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リズム ruru

本のタイトルと作者 リズム  森絵都 何故その本を選んだのか 13歳の少女の物語ということで、その頃の女の子の頭の中を、当時の自分と重ね合わせながら読んでみたいと思ったので。 読む前の予想と読んだあと …

ハゴロモ ruru

本のタイトルと作者 ハゴロモ  よしもとばなな 何故その本を選んだのか 吉本ばななさんは昔から名前だけは知っていましたが、作品を読んだことがありませんでした。 図書館で偶然見つけ、試しに読んでみようと …

「サラバ!」を読んで by soukennbitya

本のタイトルと作者 サラバ!/西加奈子 何故その本を選んだのか テレビで紹介されているのを観たので。 読む前の予想と読んだあとの印象 サラバって、別れの挨拶みたいに聞こえるので、主人公が大切な誰かと生 …

I’m sorry mama ruru

本のタイトルと作者 I’m sorry mama  桐野夏生 何故その本を選んだのか 以前、桐野夏生さんの小説を読んで、面白かったので 読む前の予想と読んだあとの印象 タイトルにあるmam …

冷静と情熱のあいだ Rosso ruru

本のタイトルと作者 冷静と情熱のあいだ Rosso  江國香織 何故その本を選んだのか 辻仁成さんの冷静と情熱のあいだを読んだので、江國香織さんのも読んでみたくなりました。 読む前の予想と読んだあとの …

カテゴリー

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031