インプレ

本、漫画、アニメ、ドラマ、映画の感想をまとめてあります

小説

流しのしたの骨 ruru

投稿日:

流しのしたの骨

本のタイトルと作者

流しのしたの骨  江國香織

何故その本を選んだのか

江國香織さんの小説を読みたい気分で、不思議なタイトルに惹かれたので。

読む前の予想と読んだあとの印象

流しのしたは、押入れの奥とは違って身近ではあるけれど、毎日必要なものは入っていない不思議な空間に思えます。

そんなような不思議な雰囲気を醸し出す作品を予想していました。

読んでみると、不思議な家族の中で起こる日常が、不思議な出来事のように語られています。

読んでいる最中のエピソード読んだ後のエピソード

6人家族の宮坂家で、毎回誕生日プレゼントを用意する習慣は、想像しただけでも面倒ですね、やりたくないです。

それでも4人も兄弟がいると、そうでもしないと人間関係が複雑で成り立たないのかもしれません。

内容の中で自分だったらどうするか

私は長女なので、そよちゃんに特に注目して読んでいましたが、家族を俯瞰して見ている点は共感出来ますね。

ことちゃんのように、誰にでも自分の思いをぶつけるのはどうかと思います。

好きな場面・言葉

話しながら、私はもう淋しくなくなっていた。片手を深町直人の胯間にのせ、ほんのすこしおわん形に指をまげて包むようにすると、すーんは不思議なほどすっとおさまる。大発見だった。

信頼している男の人の胯間に手を乗せるとホッとするのは、ものすごく良く分かりました。

読み終えて自分にどんな変化があったか

こと子のように高校を卒業してから何もしていない状態というのは、周りは学生が多くて将来を考える気にならないのかもしれません。

何かしらの職業に就いてしまったら、若いのに後戻りが出来なくなりそうで、しばらく何もせず考える時間があってもいいと思うようになりました。

-小説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

神様のボート ruru

本のタイトルと作者 神様のボート  江國香織 何故その本を選んだのか 江國香織さんの作品を以前読んだことがあって、もう一冊読んでみたいと思ったので。 読む前の予想と読んだあとの印象 神様のボートに乗っ …

絵のない絵本 ruru

本のタイトルと作者 絵のない絵本  アンデルセン 矢崎源九郎訳 何故その本を選んだのか ブックオフで100円コーナーを見ていたら、ふと目に止まったので。 読む前の予想と読んだあとの印象 絵本のように、 …

風物語 ruru

本のタイトルと作者 風物語  森瑶子 何故その本を選んだのか 34歳の女性を主人公にした恋愛小説ということで、大人の恋愛を疑似体験出来そうだと思ったので。 読む前の予想と読んだあとの印象 34歳の子持 …

「雪煙チェイス」を読んで by soukennbitya

本のタイトルと作者 雪煙チェイス/東野圭吾 何故その本を選んだのか 本屋に行った時、たまたま発売直後だったらしく特設コーナーができていました。今まで東野圭吾さんの作品に触れた事が無かったので、この機会 …

「サラバ!」を読んで by soukennbitya

本のタイトルと作者 サラバ!/西加奈子 何故その本を選んだのか テレビで紹介されているのを観たので。 読む前の予想と読んだあとの印象 サラバって、別れの挨拶みたいに聞こえるので、主人公が大切な誰かと生 …

カテゴリー

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031